Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

Stay Home Interview-サルバドール・グアルディオラ

いま世界的に叫ばれている「Stay Home」をキーワードに選手たちへインタビュー。
今回はサルバドール・グアルディオラ選手です。

新型コロナウイルス感染拡大でレースシーズン中断が続いていますが、みんな前向きに日々を送っています。
地元スペインでは先頃ロックダウン(都市封鎖)が解除され、屋外での活動も再開したというサルバドール選手に、現在の状況や自身のトレーニングなどを聞いてみました。
-Hola!(やあ!)久しぶり! 現在の生活拠点とロックダウン(都市封鎖)時の状況を教えてください

みなさん、こんにちは! 元気ですか!?

Covid-19(新型コロナウイルス)がスペインで本格的に感染拡大した時期は、生活拠点であるマドリードにいました。ロックダウンはまず、首都のマドリードから始まり、その後段階を追ってスペイン国内の各地へと広がっていきました(※)。

※3月27日にマドリードやバルセロナといった大都市からロックダウンを開始。5月4日にマドリードや4つの島部から制限が緩和された


-最近のトレーニングは順調ですか? 屋内トレーニングがメインでしょうか?

先週から屋外でのトレーニングができるようになりましたが、まだ他の地域(マドリード圏外)へ行くことはできません。今後の計画としては、ロングライドとパワー系のインターバルからトレーニング強度を上げていくことになります。いまはレースがいつ再開するかを待っている状況ですが、それが分かり次第、高地トレーニングを取り入れるなどして調子を上げていきたいと思っています。


-ロックダウン期間中の屋内トレーニングはどのように行っていましたか?

自宅での滞在が約2カ月続きましたが、それはもう、本当に大変でした。屋外でトレーニングすることが好きなだけに、自宅でローラーを行わざるを得ない日々は困難としか言いようがありませんでした。


-1日の過ごし方に大きな変化は出ていますか?

ロックダウンが緩和されてからは、朝のうちにトレーニングへ出かけて、その後はTwitterのチェックや読書をして過ごしています。また、午後8時からの散歩も許可されているので、少しの時間ですが屋外へ出ることもできるようになりました。


-こうした状況下で、モチベーションはいかにして保っていますか?

レースを観ることや、自分自身がレースに挑むことが好きなので、とにかく次のレースが待ち遠しいです。1日でも早く、KINAN Cycling Teamの一員としてレースができればうれしいです。


-自転車に限らず、日々何か楽しみを見つけていますか?

普段は読書やNetflixを観て過ごしていますが、最近はパエリアのようなスペイン料理を作るのも楽しみになっていますよ!
-「Stay Home」が叫ばれる中で、何か健康を維持する効果的な方法があれば教えてください

強い気持ちを持って、連帯することではないでしょうか。私たちは気持ちを一つにして、ウイルスに立ち向かっていかなければなりません。


-レースに目を向けて、いま一度オーストラリアでのご自身のシーズン初戦について振り返ってみてください

シーズン初戦とあって、オーストラリアでのレース(ヘラルド・サン・ツアー)はとてもハードでした。先々の目標レースへつなげていきたいと思っていましたが、予期せぬ事態が私たちの生活を脅かすこととなりました。困難に直面していますが、それらはすべて過去のことであり、私たちはとにかく将来を見据えていかなければならないと思っています。


-UCI通達により7月に入ってからのレースシーズン再開に向けた動きが出てきました。レースカレンダーは未確定ですが、短期的な目標としてはどのあたりを考えていますか?

すぐにでもレースに臨みたいですが、まずはチームがどのような状況にあるのかを尊重する必要があります。


最後にみなさんに一言お伝えさせてください。

私は1日も早く、日本へ戻ることを楽しみにしています。日本にいるチームメート全員が元気で、そして日本のすべての人々が前向きに暮らしていると信じています。すべてが正常に戻った時、必ずレースで活躍することを誓います。
Interview: May 18th, 2020
Interview, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE