Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

神倉小学校 自転車交通安全教室 レポート

チームのお膝元・和歌山県新宮市で自転車安全教室
ツール・ド・熊野開催のPRも行って応援ムードを高める効果も
発足6年目を迎えたKINAN Cycling Team、シーズン最初のチーム活動は小学生を対象とした自転車安全教室から。
メインスポンサー「株式会社キナン」が本社を構える和歌山県新宮市にて1月7日、交通安全マナー向上や事故のないサイクルライフを目指して選手・スタッフがレクチャー。
同地で開催される国際ロードレース「ツール・ド・熊野」のPRも行って、より自転車に興味を持ってもらうための機会となった。

ツール・ド・熊野の関連事業として新宮市内の小学校で自転車安全教室が行われた

これは、例年5月下旬から6月上旬にかけて開催される(2020年は5月28~31日を予定)ツール・ド・熊野の普及と、和歌山県唯一のプロスポーツチームであるKINAN Cycling Teamへの応援のきっかけづくりを目指す地域貢献活動の一環。
今回は新宮市立神倉小学校を訪問。
おおよそ1年ぶりに同校へとチームが足を運ぶことになった。

中西健児アカデミーコーチに加えて3選手が講師役を務めた

5年生を対象に行った講義は、中西健児アカデミーコーチの進行のもと座学と実技に分けての実施。
基本的な交通ルールをベースとしながら、「自転車は車道を走る。
ただし小学生は歩道走行が可能」「歩道を走る際は車道側を進む」「車道の左側を走る」「危険運転はしない」「ヘルメットをかぶり、信号を守る」の5つを約束事として明示。
また、児童たちにとって身近でもある、同校付近の交差点の写真を見ながら注意すべき箇所を確認していくと、次々と声が挙がり、安全への意欲の高さを感じさせた。

真剣な眼差しで講義に臨む児童たち

実技では、自転車操縦における基礎をマスターすべく、レール上を走る「一本橋」、数メートルおきに置かれたポイントをすり抜けていく「スラローム」にトライ。
しっかりと前方を目視して走ることや、停止線できっちりとブレーキすること、左右への体重移動で進路をコントロールすることなどを重視して、バイクテクニックを養っていった。

山本大喜は進行方向を指差し課題へのトライを促していく

この講義では、所属選手を代表して椿大志、山本大喜、新城雄大も参加。
児童ひとりひとりに声掛けしていきながら、各課題への取り組みをアシスト。
要所では実演も織り交ぜ、そのテクニックに児童たちから感嘆の声がたびたび上がった。

新城雄大が課題に取り組む児童にスタートを促す

今回の交通安全教室では、同校5年のクラスごとに講義を行ったことも特筆すべき点といえる。
全3クラス、1組あたり約30人へのレクチャーは、選手・スタッフがひとりの児童により多くかかわることができ、コミュニケーションを図りながら課題への意欲を高める効果も生まれた。
そして5月下旬に待ち受ける、最大目標のツール・ド・熊野での活躍を誓う場に。
日々迫る“本番”に向けて、チームにとっても気が引き締まるものとなった。

クラスごとに講義が行われたことで児童ひとりひとりと関わる時間が増えた

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE