Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ヴェロフェスタ in モリコロパーク ゲスト参加レポート

クリスマスムード高めた「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」
寒さ吹き飛ばす快走で2019年のサイクリングを締めくくる
冬のサイクリングイベント「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」が12月15日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催された。
天候に恵まれ、参加者は2つのクラスに分かれてコースへ。
今年もKINAN Cycling Teamがゲストライダーを務め、2019年の締めとなるライドイベントを華やかなものにした。

例年クリスマス直前の時期に行われ、すっかり年末の風物詩として知られるように。
おなじみの合言葉「走り納めはモリコロパークに集まろう!」とともに、120分と60分のエンデューロ2クラスが設定された。

サンタクロースに扮した中島康晴とゲストライダーの森本誠選手が並んでポーズ

どちらのクラスも、ソロとペアカテゴリーが設けられており、1人で力を尽くすのもよし、仲間や家族で参加するもよし、その楽しみ方は自由自在。
ペアの場合は、2人が同時にスタートして、それぞれが走った周回数の合計がリザルトに反映されるレギュレーション。
モリコロパーク内の全長約5kmのコースは連続コーナーやワインディングといった多彩なレイアウトで、ビギナーからライド経験の豊富な人までチャレンジできるものとなっている。

スタートを前に気合がこもる

そんなイベントは、KINAN Cycling Teamにとっても「重要行事」の1つ。
ホスト役として山本元喜、椿大志、大久保陣、マルコス・ガルシア、山本大喜、サルバドール・グアルディオラ、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大、荒井佑太の11選手がそろい、参加者とともスタート。
走行時のペースコントロールや、コース内の安全確保といった役割も担ったほか、サンタクロース役として中島がコスチュームを着用しながら走るといったユーモラスなシーンも。

KINAN Cycling Teamの選手たちがペーシングを担って安全なレースを構築した

上位を目指すべくゲストライダーに食らいつく参加者もいれば、景色を眺めながらゆっくりと走るサイクリストの姿も見られ、みな思い思いに楽しむ姿がコース内には広がった。

また、会場では至るところで催しが展開され、多くの企業が出展したブースにはYONEXさま、AIRFITさま、WAKO'S(和光ケミカル)さま、MINOURA(箕浦)さま、FUSION(有限会社 光設備)さまなどが並んだほか、KINAN Cycling Teamもブースを出してチームグッズの販売を行った。

今回も多くの出展ブースが軒を連ねた

さらには、マウンテンバイク・トライアル競技出身のパフォーマー“おかっぴ”さんによるアクロバットショー、大久保と雨乞も講師として参加したキッズスクール、エンデューロに負けない熱い戦いが繰り広げられたキッズレースも実施。
エンデューロ後にはYONEX製ロードバイクの試乗会でにぎわったほか、「ちゃりん娘」メンバーがプレゼンターを務めた表彰式もイベントに彩りを加え、2019年シーズンの締めにふさわしい「サイクリング日和」になった。

会場内ではさまざまな催しが展開された。おかっぴさんのバイクパフォーマンスは毎年大盛況

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE