Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

中島康晴優勝! KINAN AACA CUP 2019 -The Final- レポート

中島康晴がシリーズ総合制覇に花を添える優勝
マッチスプリントでKINAN AACA CUP1-1カテゴリー勝利
●KINAN AACA CUP 2019 第11戦(最終戦) 1-1カテゴリー
愛知県新城市・鬼久保ふれあい広場 1.4km×20周回

●KINAN Cycling Team出場選手
椿大志
福田真平
中島康晴
KINAN Cycling Teamがホストを務める東海地区のサイクルロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」は、11月23日に2019年シリーズの最終戦を実施。
最上位クラスの1-1カテゴリーでは、すでにシリーズ総合優勝を確定させていた中島康晴がタイトルに花を添える勝利。
紅葉が見ごろとなっていたレース会場を熱く盛り上げる走りを見せた。

愛知県や三重県をメインとしながら、おおむね月1回ペースで転戦してきたレースシリーズ。
10月に予定されていた前節・第10戦は各地で猛威を振るった台風19号の影響を勘案し中止に。
実質2カ月ぶりとなるレース開催となった。

1-4カテゴリーからレースプログラムがスタート

今回の開催地は愛知県新城市。鬼久保ふれあい広場を主会場に、周辺の公道もコースに組み込まれる。
1周1.4kmと短いサーキットながらアップダウンに富み、平坦区間はほとんどないセッティング。
それでも、ハイスピードでレースが展開される傾向にあり、クリテリウムの装いに。
新城市では、2026年のアジア競技大会における自転車競技・ロードレース種目の実施に向けて調整に入っており、同市から川合教正・産業振興部長が会場を訪れて参加選手を激励するなど、自転車熱の高まりを見せるものとなった。

開会挨拶を務めた川合教正・新城市産業振興部長

ホストを務めるKINAN Cycling Teamは今節、椿大志、福田真平、中島康晴の3選手が参戦。
レースシーンはオフを迎えているこの時期だが、参加選手同様に勝つことを目標にしっかりと調整してスタートラインについた。

1-1カテゴリーのスタート

前夜までの降雨も影響もあり、部分的にウェットな路面コンディション。
そんな中で始まった1-1カテゴリーは、スタート直後から駆け引きに満ちた展開に。
チャンスあらばと飛び出す選手をKINANメンバーがチェックに動くなど、アグレッシブさをうかがわせる流れとなった。

レース序盤の駆け引き

しばらくは出入りの多い状況が続いたが、その均衡が破られたのは7周目。
ルイス・オロチス選手(TEAM VIVACE)と河村敦人選手(大福屋)とともに中島が抜け出すことに成功。
3人はメイン集団に対して着々とリードを広げていき、やがて30秒ほどのタイム差となる。
メイン集団でも追撃狙いの動きが見られたがいずれも決まらず、先頭の3選手が優勢となっていった。

レース中盤に抜け出した3選手。快調に飛ばしていく

快調に飛ばす3人だったが、残り3周回となったところで中島がアタック。
上りで差を広げて、下りでさらに勢いに乗せてライバル2人を引き離しにかかる。
しかし、続く周回でルイス選手が猛追。
河村選手を置き去りにして、やがて中島に合流。
2選手による優勝争いが濃厚な情勢となって最終周回の鐘を聞いた。

中島康晴をルイス・オロチス選手が猛追。2人に絞られた優勝争いが最終周回へ

1対1の勝負になれば、やはり中島に一日の長があった。
変化の多いコースにあって先頭をキープして最終局面へ。
最後は上りスプリントにゆだねられたが、フィニッシュ前のスピードに勝る中島が先頭を譲ることなくトップでフィニッシュラインを通過した。

KINAN AACA CUP2019年最終戦は中島康晴が優勝。マッチスプリントを制した

驚異的な追い上げを見せたルイス選手が2位、積極的な走りで2回の周回賞を獲得した河村選手が3位に入線。
後方では、終盤にメイン集団からのアタックを成功させた椿が単独でフィニッシュへとやってきて4位を押さえた。

優勝した中島は、今節に臨む時点ですでにシリーズ総合優勝を決めていたが、さらにポイントを伸ばしてタイトルを確定。
表彰式では、多くの優勝賞品を多くのファンと分け合うビッグなサービスで会場を盛り上げてみせた。

優勝した中島康晴の表彰

■大好評キッズスクールや充実のイベントブースも

KINAN AACA CUP恒例となったキッズスクールは、中西健児アカデミーコーチの音頭のもと、椿、福田、中島の3選手が講師に加わっての豪華プログラムに。
今回はコーナーリングをテーマに、正しいライン取りと体重移動を意識する内容とした。
その後に控えたキッズレースに生かせるよう、中西コーチや3選手が熱心にアドバイス。
その甲斐あってか、キッズレースではプロ選手たちも顔負けの激戦が繰り広げられた。

キッズスクール参加者みんなで記念撮影

また、会場ではチームのオフィシャルサプライヤーでもあるYONEXさま、ATHLETUNE(株式会社 隼)さまのほか、バイクパーツやスマートフォンのガラスコーティング加工を行う有限会社 光設備さま、BUCHO COFFEEさまによる飲食コーナーなどのブースが出展。
参加者を中心に多くの人たちでにぎわった。

今節で2019年シリーズの締めくくりとなったKINAN AACA CUP。
年間表彰については、12月15日に愛知県名古屋市で行われるKINAN Cycling Teamのシーズンエンドパーティー内で行われる運びとなっている。
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE