Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

いなべヴェロフェスタ ゲスト参加 レポート

自由気ままなロングライド“いなヴェロ”に選手たちがゲスト参加
サイクリング、ファンサービス、FM出演とフル回転の1日を過ごす
自転車の街としておなじみの三重県いなべ市全域を舞台として、サイクリストが主役のビッグイベント「DENSO Presents いなべヴェロフェスタ2019 with KINAN Cycling Team(いなヴェロ)」が10月27日に開催された。
イベント名の通り、KINAN Cycling Teamが今年もゲスト参戦。
市内各地での走行はもちろん、エイドステーションからのラジオ出演、そしてファンサービスと、選手たちは大忙しの1日を過ごした。

スタート前の受付。多くの参加者が恵まれた

毎年5月のツアー・オブ・ジャパン(TOJ)では、KINAN Cycling Teamのホームステージとして選手たちを後押しするいなべ市。
レース開催にとどまらず、今回のようなライドイベント、学校での自転車安全教室の実施など、年間を通してサイクリングを軸とした街おこしに力を入れる。
なかでも、この「いなヴェロ」は街の全域を活用し、市内の人気スポットや特産品を販売するショップなども参画する一大イベント。

約800人のサイクリストが集まった“いなヴェロ”

それだけに、サイクリストに向けたホスピタリティも充実。
「みんなに優しいロングライド」をコンセプトとし、走行距離やコース、通過するポイントに制限を設けず、参加者自身でルートセッティングできる“ライダーファースト”が特徴。
参加ライダーたちを待ち受けるチェックポイントを15カ所設定し、そのうち5つは“いなべの食”を堪能できるエイドステーションを兼ねる。

山本元喜、雨乞竜己の見送りを受けながら出発

加えて、世界的な自転車部品メーカー「デンソー」の大安製作所が“スペシャルポイント”となり、同県北勢地域のグルメイベント「美し国みえグルメフェア」「キッズヴェロフェスタ」と併催。
そのほかにも、チェックポイント独自の「味のおもてなし」や、サイクリストの多くが知るところとなった三岐鉄道・三岐線のサイクルトレインが西藤原駅から乗車可能であるなど、午後3時のフィニッシュタイムまで無限にいなべのよさを満喫できるロングライドとなった。

スペシャルポイントが置かれたデンソー大安製作所では「美し国みえグルメフェア」「キッズヴェロフェスタ」が併催された

そんな“走って”“食べて”“楽しんで”の1日に、今年もKINAN Cycling Teamの選手たちがゲスト参加。
山本元喜、椿大志、大久保陣、山本大喜、雨乞竜己、新城雄大の6選手が参加者とともにスタートラインから街の至るところへと出発。
この日ばかりはレースではなかなか見られないリラックスムード。
みんなとともにエイドで補給をしたり、記念撮影に応じるなど、いつも以上にファンサービスにも力を入れた。
このイベントでは、「キナンdeスタンプラリー」と称して、選手たちを見つけてスタンプをゲットすると抽選でIRCタイヤ(13000円相当)が当たる特別企画も実施。
参加者は一様にサイクリングを楽しみつつ、KINANメンバーの“探索”にも熱が入っていたよう。

選手を見つけてスタンプをゲット。4選手分集めると抽選で豪華プレゼントが当たる特別企画

また、この日はパーソナリティー役に徹した中島康晴を筆頭に、選手たちが地元ラジオ局「いなべFM」にもたびたび出演。
コースに繰り出したメンバーによるチェックポイントからのレポートのほか、中島による参加者へのインタビューなど、その臨場感をリスナーへダイレクトに伝えることにも努めた。

スペシャルポイントにやってきた雨乞竜己

約700人の参加者に恵まれた“いなヴェロ”。
「KINANの選手たちに会えると聞いて参加を決めた」「有名店の味を確かめたくて」といった声や、「TOJのコースを体験できることをモチベーションに」など、参加動機はさまざま。
それも、「自由気ままなロングライド」だからこそ。
今年から市の中心部に地位する「北勢市民会館」が主会場となったことで、走行ルートや立ち寄るチェックポイントのセレクトに幅が生まれたことも、イベントの成功の大きな要因となった。
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE