Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

中島康晴優勝! KINAN AACA CUP 2018 第8戦レポート

8月11日に岐阜県海津市、国営木曽三川公園 長良川サービスセンター特設コースで行われたKINAN AACA CUP 2018 第8戦のレポートです。
以下はメディアリリースから。

Report, Race Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
KINAN AACA CUP 2018 第8戦は中島康晴が勝利
暑さによって完走4人のサバイバルレースに
●KINAN AACA CUP2018第8戦1-1クラス
102km(5.1km×20周回)

●KINAN Cycling Team出場選手
椿大志
塚本一樹
中西健児
雨乞竜己
中島康晴
新城雄大
東海地区のロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」は、8月11日に2018年第8戦を国営木曽三川公園 長良川サービスセンター特設コースで実施。
メインレースの1-1カテゴリーは、3人による優勝争いをKINAN Cycling Teamの中島康晴が制し、今シーズンのシリーズ初勝利を挙げた。
この日は高温により、出走約80選手中、完走したのは4人というサバイバルレースだった。

7月に新城市で予定されていた前節が大雨により中止となり、実質2カ月ぶりの開催となった今シリーズ。
同地区のロードレースシーンのレベルアップを主目的としつつも、遠方からも参加者が集まり、プロ・アマ、そして年齢・性別を問わず混走できるレースとしても人気が高まっている。
特に今節は、シーズン後半戦を視野に入れる選手たちが続々と参戦。当日エントリーも含めると、約80選手が長良川沿いのコースに挑んだ。

メインレース1-1カテゴリーのスタートライン。約80選手が出走した

そんな中で、ホストチームのKINAN Cycling Teamからは中島のほか、椿大志、塚本一樹、中西健児、雨乞竜己、新城雄大がエントリー。
夏場のトレーニングの成果を確かめるべく、この日を迎えた。

正午にスタートが切られた1-1カテゴリーのレースは、5.1kmの周回コースを20周する102km。
リアルスタート直後から数人単位でのアタックが散発し、KINAN勢も塚本が積極的に前方をうかがう。
それでも、完全に先行する形にはならず、しばらくは出入りの激しい流れが続いた。
逃げが決まったのは6周回目。
12人が協調してペースアップを図ると、プロトンが前後に割れる。
これを追った選手の一部が落車したことも関係し、先行した選手たちがそのまま後続を引き離し、先頭グループを形成。
KINAN勢から中島、中西、新城の3人が入り、レースをコントロールした。

6周回目に逃げグループが形成される。激しさを増したプロトンの動きに落車も発生した

この日の東海地方は各県で高温注意情報が発令し、レースコースも周辺も気温が40℃を超える暑さに。
その影響からか、メイン集団はペースが上がらず、ときおり追走狙いのアタックが生まれるものの、先頭グループへのブリッジまでには至らない。
レースをリードする選手たちも徐々に人数が絞られていき、10選手となって中盤へと入った。

逃げが決まった後のプロトン。暑さもあってペースが上がらなかった

メイン集団に対して着実にリードを広げる先頭グループ。
メンバーはKINAN勢3人のほか、荒井佑太選手(Novice Cycling Team)、柴田雅之選手(那須ブラーゼン)、谷口白羽選手(トヨタ車体)、森崎英登選手(マトリックスパワータグ)、三井海選手(岐阜第一高校)、杉山陽帥選手(大阪大学)、寺⽥吉騎選手(SPADE・ACE)。
周回賞直後の11周回目には寺田選手と中島が飛び出したが、2周回ほどリードしたのち残るメンバーが合流。
こうした動きによって先頭グループの人数は少しずつ減っていき、サバイバルレースの様相となった。

最大9人で進んだ先頭グループ。そのまま優勝争いへと転化した

後続とのタイム差が大きくなり、そのまま優勝争いへと移っていくことが濃厚になった先頭グループ。
7人として残り5周を切ると、徐々に勝負を意識した仕掛けが見られるようになる。
決定的な動きは残り3周回となったタイミング。
コーナーの立ち上がりを利用して中島がアタックすると、これに反応できたのは寺田選手と中西のみ。
残りのメンバーを置き去りにして、3人がそのままフィニッシュに向けて好ペースを維持した。

残り3周回で優勝争いは寺田、中島、中西の3選手に絞られた

そのままの態勢で最終周回へ。先頭の3人はバックストレートに差し掛かると互いを見合っての牽制状態に。
勝負のタイミングを図りながら最後の局面へ。
最終コーナーを前に寺田選手の動きからスプリントに突入した。

優勝を賭け牽制する3選手。最終周回のバックストレートは緊張感のある駆け引きに

3選手のスプリントに持ち込まれた優勝争い。最後はKINAN勢同士の勝負に

ここで真価を発揮したのは中島。
コーナーのイン側を突いて先頭に出ると、そのままフィニッシュまでまっしぐら。
中西が追い込むが、スピードの違いを見せてトップでフィニッシュラインを通過。
2位に中西、3位に寺田選手が続いた。

2018年シーズンのシリーズ初勝利を挙げた中島康晴

今シーズンのシリーズ初勝利を挙げた中島。
最後はチームメート、そして高校生との争いになったが、ホストライダーとしての意地を見せる格好となった。
この勝利により、シリーズのポイントランキングでも首位に浮上している。

優勝した中島康晴には「ATHLETUNE」が贈られた

中盤以降、先頭グループとのタイム差が広がった後続の選手たちは、レース後半にかけてタイムアウトが宣告され、最終的に完走者は4名という結果に。
このシリーズ戦の魅力でもある激しいアタックの応酬に加えて、暑さも相まって、これまでにないサバイバルな戦いになった。

次節、第9戦は9月1日に今回と同じ、国営木曽三川公園 長良川サービスセンター特設コースにて開催されることが決定している。
メインの1-1カテゴリーのレース距離も同様に、102kmで行われる。

BUCYO COFFEEファーストラップ賞 下島将輝選手

周回賞 荒井佑太選手

周回賞 杉⼭陽帥選手

GHIBLI賞 中島康晴

KINAN AACA CUP 2018 第8戦1-1クラス(102km、5.1km×20周回)結果
1 中島康晴(KINAN Cycling Team)
2 中西健児(KINAN Cycling Team)
3 寺⽥吉騎(SPADE・ACE)
4 柴田雅之(那須ブラーゼン)

KINAN AACA CUP 2018 ポイントランキング(第8戦終了時)
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 1280pts
2 新城雄大(KINAN Cycling Team) 1088pts
3 中西健児(KINAN Cycling Team) 544pts
4 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) 512pts
4 津田悠義(EQADS) 512pts
4 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) 512pts
4 福田真平 512pts

スキルアップ講座風景 Photo: Ikki YONEYAMA

次回チーム活動
8月19日 シマノ鈴鹿ロードレースクラシック
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE