Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

バンクリーグ2019 Round 2・松阪 レポート

ホームバンク・松阪競輪場での「バンクリーグ」
1勝1敗に終わるも戦術の幅が広がり今後への望みを膨らませる
●バンクリーグ2019 Round 2・松阪
8月30日 松阪競輪場

●KINAN Cycling Team出場選手
椿大志
大久保陣
山本大喜
福田真平
中島康晴
荒井佑太
国内UCIコンチネンタルチームによるトラックレース対抗戦「バンクリーグ」のRound 2が、8月30日に三重県・松阪競輪場で開催された。
KINAN Cycling Teamは前週のRound 1・名古屋同様、椿大志、大久保陣、山本大喜、福田真平、中島康晴、荒井佑太で参戦。
予選ラウンドを1勝1敗で終え、決勝進出はならなかったが、戦術の幅を広げて今年の残り2戦への可能性を見出して終えることができている。

自転車界のみならず、ファンや関係者の間でもすっかり浸透した「バンクリーグ」の名。
前回の名古屋から三重県松阪市に場所を移しての戦いとなった。
レースの形式はバンクリーグオリジナルの「3ポイントゲーム」。
4選手ずつで編成される2チームが対戦し、3周目以降の奇数周回の入りを先頭通過したチームに1ポイントが与えられる。
決着は3ポイント先取。シンプルなルールは、各チームの力やレースごとの戦術を測るのにピッタリと評判。
前節の名古屋競輪場同様に、松阪競輪場も400m周長となる。

福田真平が組み合わせ抽選に臨んだ

参加6チームを2グループに分けての予選ラウンドは、福田が組み合わせ抽選に臨み、チーム ブリヂストンサイクリング、宇都宮ブリッツェンと同組に。
優勝候補の呼び声高い2チームと、決勝進出の1つの席をかけて戦うこととなった。

荒井佑太が先制ポイントを獲得する

全体の3レース目で最初の登場となったKINAN Cycling Team。
すでに1戦終えているチーム ブリヂストンサイクリングとの対戦へ、大久保、山本、福田、荒井のオーダーでスタートラインへ。
まずはスピードに長ける荒井を動かして先制するが、その後相手選手のカウンターアタックを許し、逆転されるとともに3ポイント連取されてしまう。
最終局面は福田が追走を図ったがわずかに届かず敗戦に終わった。

宇都宮ブリッツェンとの戦いに臨む4選手

戦術を練り直し、気持ちを切り替えて挑んだ2戦目。
スタート時点でKINAN Cycling Team、宇都宮ブリッツェンともに予選敗退が決まっていたが、両チームとも勝ちにこだわって戦った。
このレースへは椿、大久保、中島、荒井のオーダーで挑み、大久保の先制で幕開け。
その後同点となるが、椿と中島が相手選手のチェックに動き、仕掛け役となった荒井が2ポイント目を獲得。
直後に相手選手がカウンターアタックに出るが、荒井がすかさずチェックに入り、その後のポイント周回で勝利を決めるスプリント。
実質ホームバンクである松阪競輪場に訪れたファンの前で、選手たちは意地を見せた。

さらに、今節にはチームのメインスポンサーである株式会社キナン・角口賀敏会長が来場し、レースをバンク内側のVIP席で観覧。
会長の激に、走りで応えてみせた。

KINAN Cycling Teamブースへご挨拶

決勝進出は逃したが、レース終了後に選手たちはVIP席に赴いて、ファンとの交流やレース観戦を楽しんだ。
また、レース前のオープニングセレモニーでは、バンクリーグ発起人の加藤康則ゼネラルマネージャーから開会宣言がなされたほか、選手を代表して荒井がファイティングスピーチを行い、会場の盛り上げに一役。
日中の雨により、予定されていた中西健児アカデミーコーチによるキッズ向けの自転車教室とレースは中止になってしまったが、悪天候に負けない熱戦とファンの盛り上がりで今節も成功を収めた。

バンク外では、KINAN Cycling Teamグッズが手に入るチームブースが設置されたほか、屋台での飲食物販売やキッズ向け自転車コースが設置されるなど、盛りだくさんのアクティビティもイベントに花を添えた。

出場チーム・選手、そして関係者と、視線はすでに次なる戦いへと向いている。
次戦・Round 3は9月23日、広島競輪場での開催。
ここまでの2戦同様、400m周長のバンクで行われる。
対戦結果
予選グループA
チームブリヂストンサイクリング 3-1 KINAN Cycling Team
宇都宮ブリッツェン 1-3 KINAN Cycling Team
●選手コメント
・大久保陣
「スピードのある荒井と(福田)真平さんを中心にレースを組み立てるのがチームの形。特に今日は荒井が素晴らしい走りで勝利に導いてくれた。

戦術の幅があればあるほど、レース展開に応じて早めの判断ができるメリットを感じている。次戦の広島までは日数があるが、その間に個々の能力を上げていければさらに良い戦いができると思っている。トレーニングを積んで次戦に挑みたい」
・荒井佑太
「組み合わせ抽選で初めて対戦相手が分かる特殊な戦いなので、あらかじめ各チームとの対戦を想定して戦術を練って今日を迎えた。

チーム ブリヂストンサイクリングに対しては、スプリンターが多いチームなので、こちらもスプリンターをそろえて対抗することを選んだ。結果的に力負けになってしまったが、1点をもぎ取ることができたので作戦は間違っていなかったと思う。宇都宮ブリッツェンに対してはスプリンターを2人にして、相手の逃げを警戒しながら作戦を組んで、それが上手くはまった。

2戦走って、他チームの選手たちの動きに目を通すことができたので、KINANメンバーをどう当てはめていくのかをしっかりと考えていきたい。それができれば、優勝がより現実的なものになると思っている。発起チームでもあるので、その責任を果たしたい。

バンクリーグの意義はロードバイクで戦っていることにあると思う。ピストバイクだとどうしてもトラック選手に分があるが、ロードバイクならではのスプリントの伸びであったり、仕掛けがあったりと、ピストバイクとは違った魅力があると実感している」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE