Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

バンクリーグ2019 Round 1・名古屋 レポート

自転車競技の新時代到来「バンクリーグ」の船出
ファンとの一体化で名古屋競輪場での夜を華やかなものに
●バンクリーグ2019 Round 1・名古屋
8月23日 名古屋競輪場

●KINAN Cycling Team出場選手
椿大志
大久保陣
山本大喜
福田真平
中島康晴
荒井佑太
令和うまれの新スポーツ「バンクリーグ」の初戦、Round 1が、8月23日に名古屋競輪場で行われた。
KINAN Cycling Teamからは、椿大志、大久保陣、山本大喜、福田真平、中島康晴、荒井佑太が出場。
予選ラウンドを1勝1敗とし、決勝ラウンドへの進出を逃したものの、チームとして次戦への改善点が見つかるレースとなった。

構想から数年、ついにバンクリーグの船出の時がやってきた。
加藤康則ゼネラルマネージャーを発起人に始まったプロジェクトは、複数回のテスト走行を経て、昨年プレイベントとして「トラックフェスティバル」を宇都宮競輪場で実施。
それらの結果を踏まえて、バンクリーグのスタートに向け急ピッチで準備を進めてきた。
レース形式はバンクリーグオリジナルの「3ポイントゲーム」。
このイベントは競輪場のバンクを使用し、4選手ずつで編成される2チームが出走し、3周目以降の奇数周の入りを先頭通過したチームに1ポイントが与えられる。
3ポイントを先取したチームが勝利となる。
ルールはシンプルで、チーム力や戦術を短時間で楽しむことができるあたりが大きな魅力だ。
今節は6チームが参加し、3チームずつA・Bの2グループに分けて、総当たりの予選ラウンド実施。
各グループ1位が決勝ラウンドに勝ち上がる。
晴れの第1回開催の会場となった名古屋競輪場には、遠方からの観客も多数駆けつけ、イベント開始前から大きな盛り上がり。
レースに先立って行われた一般走行イベントでは、バンクリーグ参加選手が一般参加者とともに走行。
角度のある走路に及び腰の参加者も見られたが、選手たちの誘いに笑顔を浮かべ、並走をするうちに徐々にバンク走行のコツをつかんでいった様子だった。
そして迎えたイベントのオープニング。
開会式では発起人の加藤GMが挨拶に立ち、開催への感謝を述べた。
予選グループの組み合わせ抽選には、チームを代表して荒井が臨み、愛三工業レーシングチームとシマノレーシングと戦うことが決まった。
愛三工業レーシングチームとの対戦となった予選ラウンド第1戦。
椿、山本、福田、荒井のオーダーでの出走。
数日前から意見を出し合って練り上げた作戦通りにレースを進行させ、現役競輪選手でもある福田、スプリンターの荒井を中心に危なげなく勝利をおさめた。
シマノレーシングとの対戦となった第2戦。
愛三工業レーシングチーム戦からメンバーを入れ替え、椿、大久保、中島、荒井の布陣で挑んだ。
トラック競技を専門にする選手を擁した相手のスピードに負けじと迫ったが、力及ばず3-0のストレートで敗戦となった。
これにより決勝進出は逃したが、レースを終えた選手たちはVIP席へと出向いてファンサービス。
シマノレーシングとマトリックスパワータグの対戦となった決勝を、観客とともに観戦した。
VIP席は走路内側のフィールド部分で観戦を楽しめるもので、選手入退場時のハイタッチや、レースの息づかいが感じられる距離感が魅力。
事前発売で完売となった。
ロードレースとは異なる景色のナイターイベントに、ファンは選手と写真を撮ったり、シーズン後半のレース展望について話をしたりと、普段では得られないスペシャルな時間を楽しんでいた。
レース後の閉会式では、バンクリーグをより良いものにしていくために常にブラッシュアップしていくと話した加藤GM。
選手からも、対戦相手の特性に合わせた戦略など作戦の幅を広げ、レースを重ねるごとによりアグレッシブな戦いが展開されるのではないかという声が聞こえてきた。

華やかな船出となったバンクリーグ。
Round 2は8月30日、三重県・松阪競輪場で開催される。
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Midori SHIMIZU
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE