Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・コリア第4ステージ レポート

ツール・ド・コリア難関の第4ステージ
総合上位進出をかけてトマとサルバドールが上りスプリントに挑む
●ツール・ド・コリア(UCIアジアツアー2.1)
第4ステージ 三陟〜固城 127.0km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
大久保陣(第3ステージDNF)
サルバドール・グアルディオラ
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大(第1ステージDNF)
KINAN Cycling Teamが出場中の韓国のステージレース「ツール・ド・コリア」は6月15日、第4ステージが行われ、大集団でのスプリントで勝負が決した。
チームはトマ・ルバとサルバドール・グアルディオラを前方へ引き上げ上位進出を狙い、それぞれ11位と12位。
個人総合ではサルバドールが12位、トマが15位として、最終ステージへと進むことになった。

大会は後半戦へと入り、総合争いにおいても重要な1日を迎えることになった。
この日は127kmとレース距離は短いものの、急坂を含む変化に富んだコースレイアウト。
おおむね日本海近くを北上するルートで、36.6km地点で4級山岳ポイントを通過。
74.7km地点には中間スプリントポイントが設定される。
さらに、フィニッシュまでのレース終盤20kmは急坂が連続して登場。
残り3kmからフィニッシュまでも上り基調であるなど、今大会随一のコース難易度。
今年のクイーンステージとの見方が強かった。

ホテル出発前の4選手

KINAN Cycling Teamはここまで、サルバドール・グアルディオラとトマ・ルバが個人総合で上位を狙える位置につける。
前日の第3ステージでは2選手の逃げ切りを許したものの、終盤には追撃ムードを高めるアタックを両者ともに繰り返すなど、攻めの姿勢は崩しておらず、このステージで個人総合上位進出を賭ける。
また、山本元喜と中島康晴もここまで逃げを狙う動きやチームメートのフォローで貢献を続けている。

三陟市のカルチャー&アーツセンター前が第4ステージのスタート地点

4人での出走となったこの日。
これまでのステージと同様に、スタートからアタックの応酬となる。
一時的に数人がリードを奪う場面があったが、メイン集団もハイペースで進行し、逃げ容認とはならない。
KINAN勢からは山本が集団前方に位置するが、逃げ狙いの動きを選別しながら無理なく動く。
集団の攻防は4級山岳ポイントまで続き、頂上通過の後にようやく地元韓国勢を中心とした9人がレースを先導することとなった。

だが、逃げが決まってからもメイン集団は活性化する一方。
リーダーチームを中心に先頭グループとのタイム差は1分以内にとどめ、速いペースでレースは進行を続ける。
KINAN勢4人は集団に待機し、しかるべきタイミングを待つ形をとった。

先頭の9人は十分なリードを奪うことができなかったこともあり、中間スプリントポイントを争った後に集団へと戻ることに。
フィニッシュまで50kmを切ってからは、個人総合で上位に選手を送り込んでいるチームを中心にプロトンは統率され、着々と残り距離を減らしていった。

しばし淡々と進んだ流れは、残り20kmを切ったところで再び変化を見せる。
1人がアタックし数秒先行する。
この動きは失敗に終わるが、また新たな攻撃が発生。
集団に対して20秒前後のリードで先を急ぐ。

しかし、メイン集団もフィニッシュに向けて勢いを増していく。
徐々に先頭との差を縮めつつ、各チームが隊列を組んでポジション確保に急ぐ。
KINAN勢は山本と中島が前へ出てトマとサルバドールを引き上げる。
先頭ライダーの粘りもあり、フィニッシュまで残り200mでようやく吸収となったが、そこからは大集団でのスプリントが始まった。

フィニッシュ前150m。上り基調のスプリントでトマ・ルバとサルバドール・グアルディオラが挑んだ

最終局面は上り貴重。
有力スプリンターたちがステージ優勝をかけて争う中、トマとサルバドールも上位進出をかけて加速。
その結果、トマが11位、サルバドールが12位で続いた。

これにより、4日間を終えた時点での個人総合成績は、サルバドールの12位がチーム最上位。
トマが15位としている。

トマ・ルバは11位、サルバドール・グアルディオラは12位で第4ステージを終えた

熱いレースが続く今大会も、残すところ1ステージ。
いよいよ、首都・ソウルへと到達する。
ソウルオリンピックパークを出発し、約45kmのワンウェイルートを進んだのち、オリンピックパーク外周に設けられる周回コースを4回めぐってフィニッシュ。
65kmとレース距離が短く、スプリント勝負となるのが慣例。
とはいえ総合争いにおいても気を抜くことは許されない。
周回コースに入る44.6km地点と2周目を完了した54.8km地点に中間スプリントポイントが設定される。
フィニッシュでのボーナスタイムも含めて、わずかながらも総合順位がシャッフルする可能性が秘めている。
ツール・ド・コリア第4ステージ(127.0km)結果
1 マルティン・ラース(エストニア、チーム イルミネイト) 3時間1分29秒
2 フアンホセ・ロバト(スペイン、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +0秒
3 ベンジャミ・プラデス(スペイン、チームUKYO)
4 ユーセフ・レグイグイ(アルジェリア、トレンガヌ.INC・TSGサイクリングチーム)
5 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO)
6 エドウィン・アヴィラ(コロンビア、イスラエルサイクリングアカデミー)
11 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
12 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
95 中島康晴(KINAN Cycling Team) +2分27秒
96 山本元喜(KINAN Cycling Team)


個人総合
1 フィリッポ・ザッカンティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) 12時間14分10秒
2 ベンジャミン・ペリー(カナダ、イスラエルサイクリングアカデミー) +41秒
3 ユーセフ・レグイグイ(アルジェリア、トレンガヌ.INC・TSGサイクリングチーム) +1分3秒
4 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +1分8秒
5 コルビン・ストロング(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +1分11秒
6 フアンホセ・ロバト(スペイン、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +1分13秒
12 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +1分19秒
15 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
48 山本元喜(KINAN Cycling Team) +13分55秒
66 中島康晴(KINAN Cycling Team) +17分51秒


スプリント賞
1 ユーセフ・レグイグイ(アルジェリア、トレンガヌ.INC・TSGサイクリングチーム) 56pts
15 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) 10pts
23 中島康晴(KINAN Cycling Team) 7pts
27 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) 5pts


山岳賞
1 ジェームス・オラム(オーストラリア、ミッチェルトン・バイクエクスチェンジ) 9pts

チーム総合
1 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ 36時間45分12秒
10 KINAN Cycling Team +13分51秒
●選手コメント
・トマ・ルバ
「今日はフィニッシュへ向かう最後の上りに集中していた。長い上りをイメージしていたが、自分向きの難易度とはいえず、結果的にスプリンター有利のステージだった。

正直言ってベストコンディションではなく、今大会はいずれのステージもスプリンターが活躍しているので、(個人的に)思うようなレースには至っていない。実質今日で総合争いは終わりなので、また次の機会にチャレンジするよ。

明日で私自身のシーズン前半戦は終了する。後半戦はもっとよい結果を残したいと思っている」
Rider's specifications

Tire: IRC TIRE FORMULA PRO
Sensor Pad: AIRFIT
Frame: YONEX CARBONEXHR & AEROFLIGHT
Wear: Champion System
Wheel: FULCRUM Racing Speed 40T & 55T
Helmet & Eyeware: uvex
Foods: ATHLETUNE, POWERBAR
Chemicals: WAKO'S
UV care: Aggressive Design
Sports Aroma: Igname Sports Aroma
Trainer: MINOURA HYBRID ROLLER FG540 & HYBRID ROLLER FG220
Shoes: NORTHWAVE
Conditioning: KT TAPE
Insole: La NICO CUSTOM INSOLE
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE