Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・コリア第3ステージ レポート

山と海をめぐったツール・ド・コリア第3ステージ
サルバドールとトマがメイン集団で終え総合上位へ望み
●ツール・ド・コリア(UCIアジアツアー2.1)
第3ステージ 丹陽~三陟 178.3km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
大久保陣
サルバドール・グアルディオラ
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大(第1ステージDNF)
韓国で開催中のステージレース、ツール・ド・コリア(UCIアジアツアー2.1)は大会3日目。
6月14日に行われた第3ステージは、フィニッシュ前46kmから飛び出した2選手がそのまま逃げ切り。
KINAN Cycling Teamはトマ・ルバとサルバドール・グアルディオラがメイン集団に残ってレースを進め、それぞれ25位と27位。
この日のステージ上位2選手をのぞき、個人総合での大きな開きはなく、上位進出に望みをつないでいる。

大会は中間地点。
第3ステージは丹陽から三陟までの178.3km。
今大会の最長ステージで、レース中盤に控える3級山岳ポイントでは標高926mまで駆け上がる。
そのままフィードゾーンまで進むと、一気のダウンヒル。
後半からは北へ針路をとって海沿いの平坦区間をゆく。

この日のスタート地点は選手村にもなったリゾートホテル

第2ステージまでを終えてKINAN Cycling Teamはサルバドールが個人総合8位につける。
トップとの総合タイム差は16秒。
さらに、トマに加えて中島康晴、山本元喜も同タイムで総合上位進出が可能な位置につける。
第1ステージで新城雄大を落車リタイアで失うアクシデントがあったが、「新城の分も!」との思いを各選手が走りで実践し続ける。

気合十分で挑んだレース。
それを体現するかのごとく、リアルスタート直後から山本が再三アタック。
さらに、中島もたびたび集団前方へと姿を見せ、チャンスを図る。
KINAN勢に限らず、逃げを狙う選手、かたや大人数の飛び出しを食い止めたいチームなどが混在していたこともあり、激しい攻防が繰り返される。

均衡が破られたのは、スタートから50kmを過ぎた直後のこと。
1人が抜け出したことをきっかけに、山本らが追走を開始。
やがて4人の逃げグループへと変化し、繰り返しの攻撃を実らせた山本もこの中でレースを進めることとなった。

メイン集団でレースを進めるサルバドール・グアルディオラ

ただ、メイン集団は山本ら4人のタイム差を1分30秒前後にとどめ、大差は許さない。
山岳ポイントに向けた上りが始まると、その差は縮小傾向となるが、それを見てメイン集団では3選手が抜け出して追走を開始。
有力選手が動いたこともあり、KINAN勢からはサルバドールが反応する。

その頃、先頭は山本を含む2選手に絞られる。
後方も勢いを増し、山岳ポイントを前にメイン集団が先頭グループに合流。
山本に加え、前をうかがっていたサルバドールもここはいったん集団へと戻ることになった。

メイン集団でレースを進めるトマ・ルバ

頂上からのダウンヒルで6人が逃げを打つが、メイン集団はここでもタイム差を1分前後にコントロール。
しばし前方をキープした逃げの6選手は、128.1km地点に設けられた中間スプリントポイントを争った後、いずれの選手もメイン集団に戻ることを選択する。

レースがふりだしに戻った直後、フィニッシュまで46kmを残すタイミングで今度は2選手が集団からアタック。
メイン集団がこれを見送ると、その差はあっという間に2分台まで広がる。
KINAN勢はメイン集団に山本とサルバドール、トマの3人を残し次なる展開へ備えていく。

先頭2人とメイン集団とは2分前後のタイム差のまま残り距離を減らしていく。
集団は各チームともに人数を減らしていたこともあり、集団をコントロールできるチームが少ない状況。
追撃を図りたいところだが、形成に大きな変化はないまま終盤へと突入した。

フィニッシュまで残り距離が15kmを切ると、集団ではアタックが散発。
残り5kmを切ってからはトマが数回チャレンジしたほか、残り2kmでは集団が牽制気味になったのを見てサルバドールが数人と飛び出すが、最終局面で集団に追いつかれてしまう。

メイン集団のスプリント。向かって右側にトマ・ルバの姿が見える

結局、先頭の2人は逃げ切りに成功。
その1分25秒後、トマとサルバドールを含んだメイン集団がフィニッシュラインを通過した。

これにより、総合成績も変動。
この日のステージ上位2人が個人総合でもトップ2を占めるが、3位以下は混戦模様。
サルバドールはトップとの総合タイム差1分19秒の11位、トマは同タイムで19位。
なお、個人総合3位とのタイム差は16秒となっている。

その他のKINANメンバーは、序盤からレースを積極的に動かした山本は後方へと下がってのフィニッシュ。
中島もステージを完了し次へと駒を進めているが、山岳で後れをとった大久保陣は前への復帰はかなわずリタイア。
残るステージは4選手で戦うこととなった。

序盤から積極的に動いた山本元喜はメイン集団から遅れてフィニッシュ

15日に行われる第4ステージは、127kmとレース距離は短いものの、その中に急坂が数々待ち受ける難コース。
韓国東海岸を北上するルートは、36.6km地点で4級山岳ポイントを通過し、74.7km地点に中間スプリントポイントを設定。
フィニッシュまでのレース終盤20kmは急坂が立て続けに登場。
最後は固城に設けられる上りフィニッシュへ飛び込む。
コースの難易度から見て、今大会のクイーンステージと目されている。
ツール・ド・コリア第3ステージ(178.3km)結果
1 ベンジャミン・ペリー(カナダ、イスラエルサイクリングアカデミー) 4時間1分18秒
2 フィリッポ・ザッカンティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) +1秒
3 コルビン・ストロング(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +1分25秒
4 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO)
5 エドウィン・アヴィラ(コロンビア、イスラエルサイクリングアカデミー)
6 ミン・キョンホ(韓国、ソウルサイクリング)
25 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
27 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
51 山本元喜(KINAN Cycling Team) +11分34秒
60 中島康晴(KINAN Cycling Team) +15分30秒
DNF 大久保陣(KINAN Cycling Team)


個人総合
1 フィリッポ・ザッカンティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) 9時間12分41秒
2 ベンジャミン・ペリー(カナダ、イスラエルサイクリングアカデミー) +41秒
3 ユーセフ・レグイグイ(アルジェリア、トレンガヌ.INC・TSGサイクリングチーム) +1分3秒
4 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +1分8秒
5 コルビン・ストロング(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +1分11秒
6 チェ・ヒョンミン(韓国、グムサンインサン・チェロ) +1分16秒
11 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +1分19秒
19 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)
47 山本元喜(KINAN Cycling Team) +11分28秒
60 中島康晴(KINAN Cycling Team) +15分44秒


スプリント賞
1 ユーセフ・レグイグイ(アルジェリア、トレンガヌ.INC・TSGサイクリングチーム) 44pts
19 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) 6pts
25 中島康晴(KINAN Cycling Team) 4pts


山岳賞
1 ジェームス・オラム(オーストラリア、ミッチェルトン・バイクエクスチェンジ) 6pts

チーム総合
1 NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ 27時間40分36秒
10 KINAN Cycling Team +11分33秒
●選手コメント
・サルバドール・グアルディオラ
「調子よく今日のステージに臨むことができた。山岳ではマークすべき選手がアタックしていたので、しっかりチェックして前方でレースを進めた。最後は残り2kmでアタックして上位を狙ったが、残り数百メートルでキャッチされてしまった。

できればステージ3位は押さえて、ボーナスタイムを獲得したかった。成功していれば、今日の時点で個人総合トップ5により近づくことができていた。個人的にも目標とすべき順位なので、今日は残念だったが明日以降もトライを繰り返してUCIポイント獲得につなげたい。挑戦し続けるよ!」
Rider's specifications

Tire: IRC TIRE FORMULA PRO
Sensor Pad: AIRFIT
Frame: YONEX CARBONEXHR & AEROFLIGHT
Wear: Champion System
Wheel: FULCRUM Racing Speed 40T & 55T
Helmet & Eyeware: uvex
Foods: ATHLETUNE, POWERBAR
Chemicals: WAKO'S
UV care: Aggressive Design
Sports Aroma: Igname Sports Aroma
Trainer: MINOURA HYBRID ROLLER FG540 & HYBRID ROLLER FG220
Shoes: NORTHWAVE
Conditioning: KT TAPE
Insole: La NICO CUSTOM INSOLE
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE