Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・コリア開幕前日レポート

大会選手村から望めるのは、韓国では指折りの河川・錦江。
こちらでは「クムガン」と呼ぶのだそうです。

錦江は韓国中西部を流れる川で、大会の開幕地・群山はその河口に位置しています。
ツール・ド・コリア開幕前日。

夜半に雨が降った関係でどんよりした朝でしたが、徐々に天気が回復し、やがて雲ひとつない快晴となりました。
選手たちは午前中にトレーニングへ。
レースが近づいてきて、バイクのチェックにも余念がありません。
こちらは晴れていても気温は20度を少し上回るくらい。
現地の人に言わせると、これから一気に暑くなるのだとか。

午前中は少し涼しめだったので、選手たちはベストを用意するなどして体調管理にも努めていたようです。
準備を整え、いざ出発。
今大会に臨む6選手がそろったので、記念撮影。
選手村では、午前・午後問わず各種ミーティングが開かれていました。
こちらの写真はメディアミーティング。
トレーニングを終えた選手たちは、昼食をとったのち、マッサージへ。
コンディションを整えて、ベストな状態でレース本番を迎えます。
森川健一郎マッサーの施術にも熱が入ります。
さあ、いよいよ開幕のツール・ド・コリアですが、第1ステージは63kmのショートステージ。
おおむね平坦なコースレイアウトですが、テクニカルなコーナーやスピード制御のバンプ、道路中央のキャットアイなどがコース上にあるため、気を抜くことは許されない1日になりそうです。
まずはこのステージをしっかり走りきって、幸先の良いスタートとしたいところです。

レースは午前10時スタート。
正午前にはフィニッシュを迎えている予定です。

開幕以降はレースレポートをお届けします。
引き続きご期待ください。
Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE