Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツアー・オブ・ジャパン第5ステージ レポート

大会後半戦へ入ったツアー・オブ・ジャパン
南信州の丘陵ステージでマルコスとサルバドールが集団フィニッシュ
●ツアー・オブ・ジャパン(UCIアジアツアー2.1)
第5ステージ 南信州 123.6km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
大久保陣
マルコス・ガルシア
サルバドール・グアルディオラ
トマ・ルバ
新城雄大
日々熱戦が展開されているツアー・オブ・ジャパンは、5月23日に第5ステージ(南信州ステージ)が長野県飯田市を中心に開催。
アップダウンに富む難コースで、KINAN Cycling Teamはサルバドール・グアルディオラとマルコス・ガルシアが順当にメイン集団フィニッシュ。
総合で好位置をキープして次に待つクイーンステージ・富士山へと駒を進めた。

チームは第4ステージまでを終えてマルコスが個人総合で最上位の22位につける。
前日は、マルコスとサルバドールが集団内の安全な位置を確保してフィニッシュ。
総合成績を見据え、よい形で大会前半戦を締めた。

ウォーミングアップ中の新城雄大

戦いは後半へと入っていく。
第5ステージは、飯田駅をパレードスタートし、やがて12.2kmの周回へ。
コース前半は勾配10%を超える急坂が各所に現れ、山岳ポイントへと続いていく。
そこからは、細かなコーナーが連続するダウンヒル。
スピードに乗った状態で迎えるのが、南信州名物のヘアピンカーブ「TOJコーナー」へ。
これをクリアすると、平坦区間となる。

スタートしていくマルコス・ガルシア

丘陵コースを12周回したのち、選手たちはフィニッシュを目指して1.6kmの平坦路を急ぐ。
昨年はこのステージでトマ・ルバがステージ優勝。
チームを勢いづけた相性のよいステージだ。
今年もまた、サバイバルの中から主力選手を前方へと送り出すことが狙いとなる。

登坂区間を進むサルバドール・グアルディオラ

迎えたレースは、アタックが散発した1周目を経て、2周目で3人がリードを開始。
この間、KINAN勢は集団前方に位置して出入りに対応していったが、集団に待機した選手たちは3選手の先行を静観。
さらに1人が飛び出したがこれも見送り、勝負どころに備えることとなった。

隊列を組んで進む選手たち

メンバー6人が集まって集団前方での位置取りを継続。
メイン集団はリーダーチームのリュブリャナ・グスト・サンティックがコントロールし、先頭3人とのタイム差を約3分にとどめ、レース中盤へ。
5周目を迎えたところでタイム差縮小をもくろむチームが出てきたこともあり、少しずつ集団のペースが上がっていった。

メイン集団の先頭でTOJコーナーに入っていくトマ・ルバ

集団内での追撃ムードが高まると、KINAN勢も隊列を組んで前方へ。
トマや新城雄大を中心にマルコスやサルバドールを守りながら進んでいく。
7周目で先頭グループが崩れ、1人が先行する状況が発生すると、メイン集団では有力選手による追走狙いの動きが見られたが、これらをきっちりチェックしリードを許さない。
8周目に入ったところで2選手がアタックを決めて先頭に追い付くが、トマが集団のペーシングを担って45秒前後のタイム差でコントロール。
その形勢のまま、最終周回へと突入した。

TOJコーナーに入っていくサルバドール・グアルディオラと新城雄大

残り距離とともに人数を減らしていった先頭グループは、最後の1人が粘りを見せるも残り2.5kmでメイン集団がキャッチ。
集団は約30人が一団のまま最終局面へ。
フィニッシュに向かう平坦区間はスプリンターを擁する数チームによる主導権争いとなり、最後は小集団でのステージ優勝争いになった。

11位でフィニッシュしたサルバドール・グアルディオラ

KINAN勢はサルバドールとマルコスが集団内でフィニッシュ。
それぞれステージ11位、15位。総合でも順位を上げてマルコスが17位、サルバドールが20位と、総合争いにおける有力選手たちが見える位置で順調に戦いを進めている。
2人を前方へと送り出す役割をまっとうしたトマ、新城、山本元喜、大久保陣もフィニッシュラインを通過し、次のステージへの進出を決めている。

笑顔でレースを振り返るマルコス・ガルシア

24日は、いよいよ富士山を上る第6ステージを迎える。
レース距離は36kmながら、舞台となる「ふじあざみライン」は最大勾配22%、高度にして1160mを一気に駆け上がる、まさにツアー・オブ・ジャパンのクイーンステージ。
富士山五合目のフィニッシュラインに到達した時点で、総合成績にさらなる変化が生まれていることだろう。
昨年はマルコスがステージ優勝しリーダージャージを獲得。
そのまま個人総合優勝につなげた。
チームとして、昨年の再現を目指して運命の1日に挑む。
ツアー・オブ・ジャパン第5ステージ(123.6km)結果
1 フェデリコ・ズルロ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー) 3時間10分24秒
2 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +0秒
3 ニコラス・ホワイト(オーストラリア、チーム ブリッジレーン)
4 ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、リュブリャナ・グスト・サンティック)
5 オールイス・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ)
6 パブロ・トーレス(スペイン、インタープロサイクリングアカデミー)
11 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
15 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team)
48 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +5分52秒
61 新城雄大(KINAN Cycling Team) +13分29秒
71 山本元喜(KINAN Cycling Team) +14分53秒
72 大久保陣(KINAN Cycling Team)


個人総合
1 ベンジャミン・ヒル(オーストラリア、リュブリャナ・グスト・サンティック) 12時間27分54秒
2 アダム・トーパリック(チェコ、ザワーランド・NRW・P/B SKSジャーマニー) +2秒
3 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) +7秒
4 入部正太朗(シマノレーシングチーム) +9秒
5 オールイス・アウラール(ベネズエラ、マトリックスパワータグ) +11秒
6 フェデリコ・ズルロ(イタリア、ジョッティ・ヴィクトリア・パロマー) +15秒
17 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +33秒
20 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
53 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +15分56秒
64 山本元喜(KINAN Cycling Team) +27分19秒
74 新城雄大(KINAN Cycling Team) +40分45秒
82 大久保陣(KINAN Cycling Team) +55分23秒


ポイント賞
1 レイモンド・クレダー(オランダ、チームUKYO) 67pts
19 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) 14pts
32 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) 6pts


山岳賞
1 フィリッポ・ザッカンティ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ファイザネ) 30pts

チーム総合
1 チーム ブリッジレーン 37時間24分46秒
10 KINAN Cycling Team +7分3秒
●選手コメント
・サルバドール・グアルディオラ
「チームとって良い1日だった。これまでと変わらず、マルコスをトラブルなくフィニッシュへ送り込むことができたことに尽きる。総合でもよいポジションで富士山ステージへと進むことができる。

チームとして集団をコントロールする局面がいくつかあった。ただ、今大会には強いチームが多数集まっていたこともあって、(トマがステージ優勝した)昨年と同じような形にはならなかった。いずれにしても、マルコスを総合でトップに押し上げるという目的は変わっていない。明日(富士山)は彼の日になる。

個人としてもチームとしても状態はとても良い。力をキープできているし、マルコスをレースリーダーに引き上げる仕事も待っている。レースはとてもハードだが、コンディションを維持してベストパフォーマンスを見せたい。とにかく、富士山の頂上でマルコスをトップでフィニッシュさせるつもりだ」
Rider's specifications

Tire: IRC TIRE FORMULA PRO
Sensor Pad: AIRFIT
Frame: YONEX CARBONEXHR & AEROFLIGHT
Wear: Champion System
Wheel: FULCRUM Racing Speed 40T & 55T
Helmet & Eyeware: uvex
Foods: ATHLETUNE, POWERBAR
Chemicals: WAKO'S
UV care: Aggressive Design
Sports Aroma: Igname Sports Aroma
Trainer: MINOURA HYBRID ROLLER FG540 & HYBRID ROLLER FG220
Shoes: NORTHWAVE
Conditioning: KT TAPE
Insole: La NICO CUSTOM INSOLE
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE