Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

いなべ市役所表敬訪問 レポート

4選手がいなべ市役所を表敬訪問
ツアー・オブ・ジャパンでの活躍といなべステージでの勝利を誓う
国内最大級のステージレース「ツアー・オブ・ジャパン」の開幕を前に、KINAN Cycling Teamは同大会の出場メンバーを中心に4選手が三重県・いなべ市役所を表敬訪問。
日沖靖・いなべ市長らの出迎えを受け、ツアー・オブ・ジャパン いなべステージで勝利を目指すとともに、同大会での総合優勝を目指して戦うことを約束した。

いなべ市役所表敬訪問。選手・スタッフが日沖靖市長の出迎えを受けた

チームにとってシーズン最大目標の1つに位置付けるツアー・オブ・ジャパン。
昨年はマルコス・ガルシアの個人総合優勝、さらにはチーム総合1位を収めたが、そこにはホームタウンであるいなべの人々による熱い応援があり、チーム全体が勇気づけられたことが大きな“勝因”でもあった。

笑顔で選手の言葉に耳を傾ける日沖靖・いなべ市長

今年は前回大会の再現を狙い、個人・チームそれぞれで連覇を目指す。
この表敬訪問では、日沖靖・いなべ市長、吉田桂治・同副市長から直々の出迎えを受け、チームの戦いに大きな期待が寄せられていることを感じさせるものとなった。

昨シーズンから今シーズンの活動について、加藤康則ゼネラルマネージャーから説明

自身もサイクリストであり、いなべステージではパレード走行にも参加予定の日沖市長からは、昨年の活躍を高く評価していただき、今年は総合成績はもとより未だ達成できていない「いなべステージ勝利」を望む言葉も。
これに対し、加藤康則ゼネラルマネージャーや石田哲也監督から昨年から今年にかけてのチーム活動状況についての報告を行い、ツアー・オブ・ジャパン本番に向け準備を進める選手たちの近況についても語られた。

中島康晴がいなべ総合学園高校との共同制作によって完成したポスターを紹介する

この表敬訪問では、大会出場予定メンバーからマルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバの3選手が出席。
加えて、同市のサイクルツーリズムへの参画や、市内の学校との交流などでゆかりのある中島康晴も同席。
いなべ総合学園高校との共同制作により完成した大会イメージポスターを中島自ら紹介し、その経緯やデザインの意図について説明。
今年は欠場が決まっているが、大会への熱い思いを口にするなど、いなべステージの盛り上げに一役買うことを約束した。

ツアー・オブ・ジャパン いなべステージの健闘を誓って記念撮影

出席した選手たちは一様に、いなべステージでの勝利でチームの戦いに拍車をかける意欲に満ちている。
歓談の最後には、活躍を祈念しての記念撮影。
戦うムードは一気に高まった。

ツアー・オブ・ジャパンは5月19日に大阪・堺で開幕。
KINAN Cycling Teamのホームステージであるいなべステージ(第3ステージ)は、21日に阿下喜駅をスタートし、いなべ市梅林公園を主会場とする周回コースでレースが行われる。
この日は、アンケートに答えた方を対象に「いなべステージ特製缶バッヂ」の配布も予定されている。

ツアー・オブ・ジャパン いなべステージで配布される缶バッヂ。アンケートに答えると手にすることができる

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE