Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会 前日レポート

チームは群馬へとやってきました。
ホテル前の桜も緑に装いを変え、春の深まりを感じさせてくれます。
JBCF 東日本ロードクラシック 群馬大会の競技が4月27日から始まりました。
翌日に行われるJプロツアー第4戦に向けて、KINAN Cycling Teamも群馬入り。
渋滞に遭遇することもなく、順調に移動することができました。
この日の群馬県北部は雨。
レース会場では雪が降っていたとの情報もあり、寒さを感じる1日でした。

そんなわけで、選手たちは天候を見ながらのコンディショニング。
雨の中ロードトレーニングへ向かった選手、室内でのローラーに集中した選手、晴れたところで屋外でのライドに切り替えた選手…と、思い思いに調整を行なったのでした。
雨でも走る男といえば、椿大志選手。
徐々に強まる雨の中を元気にスタートしていきました。
こちらはローラー組。
ホテルのご好意により、館内の一角をお借りしてローラー用スペースを設置させてもらい、選手たちは気持ちよくトレーニングに励むことができました。
企み顔の選手たちが気になりますが…、本番での走りに期待しましょう!

スタッフもそれぞれに、レースに向けた作業やミーティングへの出席と、準備を着々と進めています。
今回がKINAN Cycling Team初帯同の梅林メカニック。
鈴木アドバイザーも真剣な表情。
最後に、レース情報をまとめておきます。

4月28日 午後0時35分スタート
群馬サイクルスポーツセンター 6km×25周回 150km
※10、15、20周回完了時に中間スプリントポイントを設定。1位通過者には優勝ポイントの20%を付与

レースに先だって、午前中にはチームプレゼンテーションが行われます。
KINAN Cycling Teamの登壇は午前11時5分頃の予定。

応援の参考に、選手のボディナンバーもご案内します。

181 中島康晴
182 大久保陣
183 山本元喜
184 椿大志
185 雨乞竜己
186 新城雄大
187 山本大喜
188 荒井佑太

今年最初のJプロツアー参戦。
ぜひ一緒に戦いましょう!
Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE