Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

加藤康則GM 松阪市役所表敬訪問 レポート

チームのホームタウン・松阪市を表敬訪問
スポーツを通じた街のPR活動への参画を約束する
和歌山県から三重県、愛知県と広域にわたるチーム活動に取り組むKINAN Cycling Team。3月13日は、ホームタウンの1つでもある松阪市を加藤康則ゼネラルマネージャーが表敬訪問。
竹上真人・松阪市長の出迎えを受け、日頃の支援への感謝を伝えるともにチーム活動について報告。
「スポーツの街」としても活気に満ちる松阪市のPR活動にチームも参画していくことを約束した。

KINAN Cycling Teamは発足以来、一部の主力選手が松阪市を含む周辺地域を拠点にトレーニングや各種チーム活動を行っており、なじみ深い街でもある。
そこで、今回はチームを代表し加藤GMが松阪市役所を訪問し、日頃の活動について報告する機会とした。

竹上真人・松阪市長

竹上市長との対話では、これまでのチーム活動と合わせて、今後の構想についても話が膨らんだ。
その中で、スポーツで活性化を目指す街でKINANメンバーが活動することや、松阪競輪場を使用してトレーニングを行っていることの意義が主な話題に。
今後に向けては、サイクルスポーツの普及活動を同競輪場を拠点の1つとして行っていけるよう整備を進めていくなどの前向きなテーマも膨らみ、実りある時間となった。

スポーツへの造詣が深い竹上市長からは、「これからはより一層、自転車競技を通じても街の人たちに喜んでもらえるよう取り組んでいきたい」とのお言葉もあり、チームとして全面的に参画していくことを約束。
レース内外でさまざまな取り組みを目指していくことを確認した。

加藤康則ゼネラルマネージャー

松阪市は、リオ五輪レスリング金メダリストの土性沙羅選手を輩出したほか、各種競技の全国大会で優勝した選手・団体が多く存在するなど、着実なスポーツ振興活動でも知られる。
4月には同県では初となるスケートパークがオープン予定。
これらに続けと、KINAN Cycling Teamもサイクリングの普及に尽力していくことになる。
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE