Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ニュージーランド サイクルクラシック 開幕前日レポート

KINAN Cycling Team 2019年のレースシーズンが幕開け
伝統のニュージーランド サイクルクラシックでアジアトップの真価発揮へ
KINAN Cycling Team 2019年のレースシーズンが幕開け
伝統のニュージーランド サイクルクラシックでアジアトップの真価発揮へ
国内外を転戦し5年目のシーズンを迎えるKINAN Cycling Team。
2019年の幕開けは、南半球・ニュージーランドで迎える。
1月23日に開幕するニュージーランド サイクルクラシック(UCIオセアニアツアー2.2)に参戦し、1年の好スタートを狙っていく。

今年で32回目を迎えるこの大会が行われるのは、同国北島中西部のワイカト地方。
最大の都市であるオークランドから約150km南に位置するケンブリッジを拠点に、全5ステージ・総距離700.6kmで争われる。
なお、同地は1月18日から20日まで、UCIトラックワールドカップが開催されており、ニュージーランドにおけるサイクルスポーツの中心地の趣き。

選手村敷地内にある国際規格のベロドローム

例年、スピード感のあるハイレベルのレースが展開される傾向にあり、今回も4ステージは平坦コースにカテゴライズ。
いずれもスプリント勝負となることが予想される。

一方で、第4ステージは2つの丘越えを経て、最後に待ち受けるマウンガカワ・ヒルの頂上フィニッシュを目指して一気の上り。
最後の3kmは高低差にして200mを駆け上がるレイアウトとなっており、総合争いにおける最重要ステージとの見方が強い。

KINAN Cycling Teamはシーズン初戦にあたり、椿大志、大久保陣、山本大喜、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大と、スピードレースへの対応力のある6選手をセレクト。
スプリントで頼りになる大久保と中島を軸に、レース展開に合わせて逃げや集団内でのレース構築を椿、山本、新城が担う。
そして、総合争いはトマを中心にトライ。いずれのステージでも勝負に加わることが計算できる布陣を敷き、上位進出を図っていく。

チームプレゼンテーションに臨んだKINAN Cycling Team6選手

チームは21日に現地入りし、開幕前日にあたる22日は午前中に最終調整のトレーニングを実施。
約2時間、レースコースの試走を兼ねてのライド。
そして、午後にはチームプレゼンテーションに臨み、大会関係者や現地の人たちから歓迎を受けた。

トレーニングへ出発

なお、大会には5カ国から19チームがエントリー。過去の個人総合優勝者には、ロビー・マキュアン(オーストラリア、1995年優勝)のほか、現役のトップライダーであるジョージ・ベネット選手(ニュージーランド、現ユンボ・ヴィスマ所属、2011年優勝)などが名を連ねる、伝統と格式あるニュージーランド唯一のUCI公認ステージレース。
KINAN Cycling Teamとっては初となるUCIオセアニアツアー参戦だが、昨年のUCIアジアツアーチームランキング1位であることが現地でも広く知られており、注目度も上昇中。
その真価が、シーズン初戦から問われることになる。

23日に行われる第1ステージは、ケンブリッジからリーミントンまでの132.5km。
スタート直後のニュートラル区間を経て、約70kmの周回コースをおおよそ2周。
フィニッシュ手前400mで最終の左コーナーが待っており、ここでのポジショニングやコーナーリングが勝負を分けることになりそうだ。
レーススタートは、現地時間午前10時(日本時間午前6時)。
フィニッシュは現地時間午後1時25分頃と見込まれている。

ベロドローム内で行われたマネージャーズミーティングの風景

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE