Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ヴェロフェスタ in モリコロパーク レポート

冬の風物詩「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」
クリスマスの装いで2018年のサイクリング納め
冬のサイクリングイベント「ヴェロフェスタ in モリコロパーク」が12月16日、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で開催された。
好天のもと、参加者は2つのクラスに分かれてコースへと繰り出した。
そのほか、KINAN Cycling Teamなど今年のレースシーンを盛り上げたゲストライダーも参加。
2018年シーズンの最後を飾るイベントで華やかに「サイクリング納め」となった。

このイベントは例年、クリスマス直前の時期に開催されており、いまや年末の風物詩としてすっかり定着。
「走り納めはモリコロパークに集まろう!」を合言葉に、120分と60分の2クラスによるエンデューロが行われた。

参加者ライダーがそろって健闘を誓う

なかでも魅力的なのが、各クラスともにソロとペアカテゴリーが設けられ、スキルや好みによって参加種目を選ぶことができる点。
ペアであれば、2人が同時にスタートして、それぞれが走った周回数の合計がリザルトに反映されるあたりもヴェロフェスタならでは。
サイクリストに人気のモリコロパーク内全長約5kmのコースは、高速コーナーやヘアピンカーブなど多彩なレイアウトで、上級ライダーはもちろん、ビギナーでも思い思いのペースで走ることができる。

そんなイベントに、今年も多くのゲストライダーが“参戦”。
ホストを務めたKINAN Cycling Teamからは、山本元喜、椿大志、マルコス・ガルシア、中西健児、サルバドール・グラルディオラ、山本大喜、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の10選手。
さらには“山の神”こと森本誠選手(GOKISO)、テレビ出演でおなじみの筧五郎選手(56サイクル)、ヒルクライムを中心に活躍する金子広美選手(イナーメ信濃山形)もスタートラインへ。
走行時のペースコントロールを担うとともに、事故を未然に防ぐための安全性の確保に努めた。

ホストを務めるKINAN Cycling Teamのメンバーが勢揃い

各クラスとも、トップを目指す参加者はゲストライダーに負けじと食らいつき、かたやゆっくりと景色を楽しみながら走るサイクリストの姿や、クリスマスにちなんだコスプレで走る参加者の姿も。
走る楽しみが参加するそれぞれにゆだねられるあたりも、ヴェロフェスタの醍醐味といえそうだ。

景観の良さも人気のモリコロパーク内サイクリングコース

イベントでは、エンデューロにとどまらず会場内の至るところでさまざまな催しが展開された。
多数の企業が出展したブースには、KINAN Cycling TeamのサプライヤーであるYONEXさま、チャンピオンシステム ジャパンさま、IRC TIRE(井上ゴム工業)さま、WAKO'S(和光ケミカル)さま、Aggressive Design(アグレッシブデザイン)さまなどが軒を連ねたほか、チームグッズが手に入るKINAN Cycling Teamブースも登場。

KINAN Cycling Teamブースも登場。チームグッズ販売を行った

さらには、マウンテンバイク・トライアル競技出身のパフォーマー“おかっぴ”さんによるアクロバットショー、HAROのランニングバイクを使ってのキッズスクール、愛知県に伝わる郷土芸能「棒の手」演舞でも盛り上がった。
KINANメンバーも各所に“出没”し、アクロバットショーとキッズスクールには椿と中西が、棒の手には山本元喜と山本大喜が兄弟で出演。
思いがけない“珍プレー”が飛び出すなど、選手たちの一挙手一投足に笑いが生まれる和やかな空間に。メインステージでは「感性を育む音楽会」として、トリオクーナによるクリスマス音楽の演奏がイベントに花を添えた。

スラロームに挑戦するキッズを笑顔で送り出す中西健児

エンデューロ後のコースではYONEX製ロードバイクの試乗会が行われたほか、メインステージでは「ちゃりん娘」がプレゼンターを務めた各部門の表彰式、KINAN Cycling Teamの2018年シーズン活動報告会、KINANメンバーとの対決となったじゃんけん大会などが開かれ、最後の最後まで大盛り上がり。
来年もモリコロパークでの再会を約束してイベントは幕を閉じた。

イベントの最後は選手たちから2019年チームカレンダーのプレゼント

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE