Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・おきなわ2018 レポート

2018年シーズン最終戦のツール・ド・おきなわは山本大喜の14位が最高
レース前半に形成された逃げメンバーによる優勝争いまで届かず
●ツール・ド・おきなわ 男子チャンピオンレース(UCIアジアツアー1.2)
210km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
山本大喜
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
2018年の最終戦となったツール・ド・おきなわ2018は11月11日に、沖縄県名護市を発着とする210kmで争われた。
KINAN Cycling Teamは新城雄大がレース前半に形成された先頭グループに加わったものの、その後転化された優勝争いに加わることはかなわず。
チーム最高位は、メイン集団からの追い上げを試みた山本大喜の14位だった。

プロライダーからホビーレーサー、さらにはキッズまで参加できる幅広いカテゴライズが魅力のツール・ド・おきなわ。
そのなかでも、メインレースに位置付けられる男子チャンピオンレースは、UCIアジアツアー1.2クラスに設定される。
同ツアーはすでに2019年度のレースカレンダーが始まっており、このチャンピオンレースも該当する。

レースの特徴は、210kmと国内のレースでは屈指の長丁場であること。
11月の開催はシーズン最終盤とあり、百戦錬磨の選手といえど過酷な戦いとなる。
コースは、名護市を出発したのち、名護湾と東シナ海に面した本部半島を時計回りに進み、海岸線を北上。
沖縄半島最北端の国頭村に入って反時計回りに向きを変え、レース後半は太平洋沿いを南下して名護市へと戻ってくる設定。
沖縄半島北部をおおむね8の字に進むルートは、中盤に2カ所の山岳ポイントが待つほか、後半にかけても細かなアップダウンが控えている。

KINAN Cycling Teamはこのレースに、山本大と新城のほか、山本元喜、トマ・ルバ、中島康晴の5選手が出場。
シーズンを通して主力として走ってきたメンバーをそろえて、今年最後のタイトル獲得をかけた戦いに挑んだ。

レース前でも明るいムード

18チームから85選手が、午前6時45分の号砲とともに出発。
すぐにリアルスタートが切られると、次々とアタックが発生するが集団から抜け出すまでには至らない。
激しい出入りを繰り返しながら、レース序盤は進んだ。

その状態が落ち着いたのは、40km地点に差し掛かろうかというタイミング。
10人が飛び出すと、ここに新城が加わる。
この動きをきっかけにメイン集団が落ち着き、快調に飛ばした新城らは約9分のリードを得た。

逃げグループでレースを展開した新城雄大

一方のメイン集団は、新城らを見送るとサイクリングペースに。
集団に残ったKINAN勢4選手は、次なる展開に備えながら淡々と距離を減らしていった。

逃げを見送ったメイン集団はサイクリングペース。山本元喜と山本大喜が前方に位置する

レースが少しずつ動きを見せたのは、中盤に入ってからのこと。
内陸部を通過する山岳区間のうち、2回目の登坂で先頭グループから新城が遅れ始める。
前方への復帰を目指しての粘りも届かず。
タイミングをほぼ同じくして、メイン集団ではトマが牽引して山岳区間へ。
一気の引きに集団の人数が減っていき、力のある選手だけに絞られる。
こうした動きによって、先頭グループとのタイム差は4分台に縮まった。

レース中盤のトマ・ルバ

追撃ムードが高まったかに見えたメイン集団だったが、チーム間での思惑が交錯してか、ペースがいまひとつ上がらず、先頭を走る選手たちとのタイム差に大きな変化が見られなくなっていく。
他チームの動きに合わせた山本元が5人の追走グループに加わったものの、やがて後退。
かたや、先頭グループは協調体制が続き、後続の追い上げをかわすほどの勢い。
結局、レース前半に集団から抜け出した選手たちの逃げ切りが濃厚な情勢となった。

上位フィニッシュが難しくなったKINAN勢だが、1つでも上の順位を目指す姿勢は崩さない。
先にポジションを上げつつあったトマに続き、山本大も終盤の登坂区間で合流。
以降はトマの引き上げを受けた山本大がチーム最上位となる14位でフィニッシュラインを通過。
トマが16位でレースを終えたほか、中島、山本元、新城も走り切り、出場5選手全員が完走した。

チーム最上位の14位でレースを終えた山本大喜

順調に調整し、好調でレースに臨んでいただけに、上位フィニッシュが果たせなかったことに選手たちは一様に悔しさをにじませた。
一方で、選手間で要所での動きについて意見が交わされるなど、フィニッシュした瞬間からその視線は来季へと向けられている様子。
今回のレースで明白となった課題を、来シーズンのチーム力アップに反映させる強い意志が選手たちの姿からうかがえた。

それぞれにレースを振り返り意見を交換する

これをもって、2018年のロードレースシーズンは終了。
KINAN Cycling Teamは今年、9つの勝利を含む多数の上位進出を果たした。
成果を挙げ、来季へ向けた指標となる1年とした。

今後チームは、各種イベントや小学校での交通安全教室などへの出席を予定。
引き続き精力的に活動していく。
ツール・ド・おきなわ 男子チャンピオンレース(UCIアジアツアー1.2、210km)結果
1 アラン・マランゴーニ(イタリア、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ) 5時間5分4秒
2 フレディ・オヴェット(オーストラリア、オーストラリアン・サイクリング・アカデミー・ライド・サンシャイン・コースト) +19秒
3 フェン・チュンカイ(台湾、チャイニーズタイペイナショナルチーム)
4 デルク・アベル・ベッカーリン(オランダ、WTC de アムステル) +50秒
5 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +1分29秒
6 畑中勇介(チームUKYO) +1分31秒
14 山本大喜(KINAN Cycling Team) +4分37秒
16 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +4分40秒
35 中島康晴(KINAN Cycling Team) +14分56秒
36 山本元喜(KINAN Cycling Team)
47 新城雄大(KINAN Cycling Team) +16分3秒
●選手コメント

・山本大喜
「力のある選手が逃げに入った状況で、チームとして後手を踏んでしまった。集団内での協調が上手くいかず、追う体勢がいまいち整わなかったことも展開を厳しくしてしまった。追走グループが形成された時は高強度の動きに対応できず、(個人として)勝負するには力が足りていなかった。

(シーズンを振り返って)アジア選手権で勝てて、全日本選手権でも個人タイムトライアルを勝つことができた一方で、後半戦で個人・チームともに成績が残せなかったことが悔しい。今年はナショナルチームで走ることが多く、チームにあまり貢献できなかったと思っているので、もっと強くなって今度はチームに結果をもたらすことができるようになりたい」
・トマ・ルバ
「チームとしては、(新城)雄大が先頭グループから下がってしまった時点で、難しい状況になってしまった。個人的にはベストコンディションではなかったので、チームメートのサポートができればと考えていた。順位がともなわなかったことは悔しい。

長かったシーズンを無事に終えることができた。今年が格別よかったとは思っていないけれど、また勝利を収められるようトライし続けていきたい」
・中島康晴
「逃げに(新城)雄大ともう1人加えることができれば、違った展開になったのかなとは思う。先頭グループに選手を送り込まないという判断をしていたチームもあったので、彼らの様子を見て動こうと思っていたが、結果的に(先頭グループに)タイム差を広げられてしまった。それが順位に反映されてしまっただけに、悔しい形で終わることになった。

1月のシーズンインから多くのレースでメンバー入りができ、チームメートとうれしいことも悔しいことも共有してきたことが何より。このレースでしっかりシーズンを締めくくることができればよかったけれど、全体としてはよいシーズンになったと感じている。ただ、レースによっては大きな失敗もあったし、まだまだ改善の余地はあるので、より選手間の連携を深めてチーム力を高めていきたい」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE