Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

2018 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム レポート

大熱狂の2018 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム
3選手が世界のトップレベルと肩を並べる走りを見せる
さいたま新都心周辺で11月4日に開催された、2018 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム。
KINAN Cycling Teamからは山本元喜、雨乞竜己、中西健児の3選手が参加し、今年のツールを制したゲラント・トーマス選手(イギリス、チーム スカイ)など、世界トップレベルの選手と肩を並べ、力強い走りをみせた。

その年のツール・ド・フランスで活躍した選手を筆頭に、世界の強豪が集まるこのイベント。
JRさいたま新都心駅周辺は、大会カラーであるイエローに彩られ、「サイクルフェスタ」や、食のイベント「さいたまるしぇ」といった、レースにとどまらない催しで大賑わい。
まさに“祭典”という言葉がふさわしい1日となった。

ファンからのサインの求めに応じる山本元喜

さいたま市民のパレード、さらに出場選手全員によるオープニング走行からレース関連イベントが幕開け。
選手たちは、ステージでスタートサインをしたのち、ゆっくりとコースを一周。
早い時間帯から沿道には多くの観客が詰め掛け、選手たちは歓声の中でファンとハイタッチをしたり、声援に手を振りながら応えたりとサービスに勤しんだ。

ステージ上で紹介を受けた選手たち

レースはまず、4名1組で競い、その勝者が決勝に進むスプリントレース予選に雨乞が出場。
スタートから2kmはペーサーの後ろについてポジション争い。
その後、残り1kmでジャンが鳴るユニークなレース。別府史之選手(ツール・ド・フランス ジャパンチーム)、小野寺玲選手(宇都宮ブリッツェン)、マッテーオ・トレンティン選手(イタリア、ミッチェルトン・スコット)とハイレベルな組で出走した雨乞は、別府選手に続く2位。1位の選手のみが進出できる決勝へ出走はかなわなかった。

スプリントレースに臨んだ雨乞竜己

KINAN勢の次なる出番は、3選手により編成される2.5kmチームタイムトライアル。
チーム内最上位選手のフィニッシュタイムで順位が決まるため、作戦の立て方も大きなカギとなる。
先頭交代をしながら終盤まで3人で走るチームや、発射台方式で順次切り離すチームなど、戦術はチームによってさまざま。
KINAN Cycling Teamは中西を先頭にスタートダッシュ。
雨乞がスピードに乗せ、満を持して山本がゴールまで駆け抜けるという切り離し作戦を実行。
狙い通りの動きを見せたが、トップには2秒及ばす、3分16秒88で4位で終えた。

チームタイムトライアルでフィニッシュを目指す山本元喜。チームは4位だった

会場が熱気に包まれたところで、いよいよメインのクリテリウムレース。
小雨が降る時間帯があったものの、レースに影響するまでには至らない。
沿道にはKINANジャージを着用して応援するファンも見られた。

レースは、序盤に外国人選手数人の逃げができるが、メイン集団は容認。
山本はメイン集団の中で積極的な走りを見せ、場内放送では何度もその名前がコールされた。

集団内を走行する中西健児と山本元喜

スタート・フィニッシュ地点が設けられるホームストレートを選手が通過するたび、スタンドからは大歓声やウェーブが起こる。
そんな盛り上がりの中、最後は今年の世界チャンピオンであるアレハンドロ・バルベルデ選手(スペイン、モビスター チーム)の優勝で幕を閉じた。

本場ツールの熱気を日本にもたらす、秋の風物詩は今回が6度目の開催。
今大会より新設された「オフィシャルサポーターズヴィレッジ」は、選手と観客との距離の近さが特徴的。
大会に協賛した観客が入場でき、スポンサーブースを楽しんだり、選手ピットの様子をのぞくこともできる。
KINAN Cycling Teamの3選手は、レースの合間に観客スペースへ行き、写真撮影やサインの求めに応じていた。

そして何より、国内外のトップライダーが集うイベントに、観客も大興奮。
会場から徒歩圏内に住んでいるという高齢女性は、初めて観戦するロードレースのスピードに驚き、握手などに気軽に応じてくれる選手の優しさに感動したと興奮気味に話していたことが印象的だった。
そんな大熱狂の1日は、観客に後押しされた選手たちにとっても刺激的なものだったように思われる。
●選手コメント

・山本元喜
「第2回大会以来の出場だったが、その時と比べて観客との距離が近く、直接交流できる機会が多かったと感じた。レース中にアタックしたり、前に上がったりすると観客の反応が大きかった。“ゲンキー!”と名前を呼んでもらえて、いつも以上に一生懸命動くことができた。たくさんの観客のなかで走れたことは、これからのモチベーションになると思う」
・雨乞竜己
「スプリントレースは程よい緊張感のなかでペーサーとともに2キロまで走り、そこからスタートだったが…最後は力及ばず。集中するなかでも応援の声は聞こえていた。“キナン!”だったり自分の名前だったり。応援を力に変えることができた」
・中西健児
「スピードの速いレースだとは聞いていたが、想像していた以上に速かった。集団内のどこにポジショニングしていても、そのスピードを実感させられた。そんな中でも、沿道のとぎれない観客から多くの声援をもらった。完走できるか不安だった面もあるが、みんなの声に励まされて走り切ることができた」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Midori SHIMIZU
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE