Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

熊野古道ヒルクライム レポート

神々が宿る那智山に約300人が挑んだ「熊野古道ヒルクライム」
KINAN Cycling Teamの5選手も一般ライダーとともに秀峰の頂へ
和歌山県南部の那智勝浦町で11月4日、熊野古道ヒルクライムが開催された。
舞台となった那智山の深い自然と森林の中を、約300人のサイクリストが力走。
ゲストライダーとしてKINAN Cycling Teamの5選手も参加し、走りはもとより、トークショーや抽選会など、ステージイベントの盛り上げにも一役買った。
■山本大喜がコースレコードをマーク

ユネスコ世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録される熊野路を駆ける、晩秋の風物詩としてすっかり定着したサイクルイベント。
年々人気が高まっており、和歌山県や近隣府県のみならず、東北は宮城県からも参加するなど、各地から健脚自慢が集った。
なお、このイベントはSPORTS PRODUCE 熊野が主催する。

ライダーたちは、同町の海水浴場「ブルービーチ那智」から5.4kmのパレード走行ののち、リアルスタート。
それからは、神仏習合による数々の伝承が残る那智の山道を一気に上っていく。
参加者は標高931mの大雲取の山頂を目指す30.7kmと、妙法山阿弥陀寺を目指す14.6kmのコースに分かれ、自らの限界に挑戦した。

堀順一郎・那智勝浦町長による号砲でパレードスタート

今回ゲストとして招かれたKINAN Cycling Teamは、椿大志、山本大喜、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の5選手が大雲取へ、加藤康則ゼネラルマネージャーが妙法山阿弥陀寺を目指し、約300人の一般サイクリストとともにコースへ。
また、“山の神”として数多くのヒルクライムを制する森本誠選手(GOKISO)、テレビ番組の出演で人気を博す筧五郎選手(56サイクル)もオープン参加し、こちらも大雲取を目指した。

多くのサイクリストとの交流はもちろん、その走りをデモンストレーションする場ともなったゲストライダーたち。
特に、大雲取までのルートには20%近い勾配や一部未舗装区間も待ち受ける中、森本選手、山本、トマが熾烈なトップ争い。
前夜の雨でウェットな路面コンディションをものともせず、下りを攻める森本選手が山本とトマを終盤に引き離す。
しかし、ここで意地を見せたのが山本。
フィニッシュまでの最後の1kmで迎える激坂区間で猛追し、森本選手をパス。
これまでの記録を約1分30秒上回る、56分55秒の驚異的なコースレコードをマーク。
11月1日に入籍し、スタート前には参加者から祝福を受けたこともプラスにしての好走となった。
多数の見せ場を作った森本選手も2秒差で続き、従来の記録を更新。

終盤に追い上げてトップに立った山本大喜がコースレコードをマーク

その後は、続々とサイクリストが頂上へ到達。
フィニッシュが近づくと、歯を食いしばり、懸命にペダルを踏み続ける姿が印象的だった。

終盤の激坂区間を上るサイクリストたち

■来年へ向けてレベルアップを誓う

フィニッシュ後は走り終えた充実感と大雲取からの絶景に、参加者の多くが感動を覚えた様子。
大阪府から参加した中村宗徳さんは、初のサイクルイベント参戦に「とても緊張した」と言いながらも、頂上では大満足の笑顔。
スタートでは「周りに惑わされてついついハイペースになってしまった」そうだが、「走っていくうちに気持ちが落ち着いてきて、自分のペースに戻すことができた」と振り返る。
日頃は那智高原や高野山で鍛練しているといい、「来年も絶対に参加する!」と宣言。

戦隊ヒーローをモチーフにしたサイクルジャージが印象的な「強力馬力自転車屋」の崎濱さん、久保さん、森下さん。
和歌山市からの参加で、那智山でのベストタイム更新を目指して毎年参加をしているのだとか。
崎濱さんが「下りはセーフティーにいった」というと、久保さんも「激坂ではタイヤがスリップしてしまい、ダンシングができなかった」と、濡れた路面に悪戦苦闘したそう。
かたや、途中パンクトラブルに見舞われた森下さんは「何より完走できたのが一番」と、ほっとした様子。
3人の目はすでに来年へと向けられ、さらなるレベルアップを誓っていた。

戦隊ヒーロー柄のジャージが特徴的な「強力馬力自転車屋」の3人。左から久保さん、森下さん、崎濱さん

■イベントに華を添えたふるまいやトークショー

お昼からは、ブルービーチ那智で特産品のふるまいや、ステージイベントで盛り上がった。
ゲストライダーによるトークショーでは、走りの感想のほか、今後の目標などを語り合った。
さらに、筧選手が現地入りするにあたり、自宅から約250kmを自走したとのエピソードを披露すると、会場は大きなどよめきに。
コースレコードをマークした山本が「今日から自分が“山の神”です!」と宣言すると、元祖“山の神”森本選手は「今日から“山の民”になります」と応戦。
選手たちのユーモラスなトークに笑いが絶えなかった。

ブルービーチ那智でのトークショー。中島康晴がマイクを取る

そのほか、選手たちがプレゼンターを務めた表彰式や抽選会なども行われ、大きな賑わいの中でイベントは閉幕。
最後は、参加者とイベント関係者による記念撮影を行って、次回大会での再会を約束した。

参加者・関係者が集まっての記念撮影

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE