Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

KINAN AACA CUP 2018年 第11戦 レポート

逃げ切りが決まったKINAN AACA CUP 2018 最終戦
実力派ホビーレーサーの井上亮選手がアタック一発で独走勝利に持ち込む
●KINAN AACA CUP2018第11戦1-1クラス
102km(5.1km×20周回)

●KINAN Cycling Team出場選手
椿大志
塚本一樹
中西健児
山本大喜
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
KINAN Cycling Teamがホストを務める東海地区のロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」は、10月27日に2018年シーズンの最終戦にあたる第11戦を実施。
メインレースの1-1カテゴリーは、前半に形成された4選手による逃げグループが着々とリードを広げ、そのまま優勝争いへ。
最終周回に入り、残り3kmを切ったタイミングでアタックを決めた井上亮選手(Magellan Systems Japan)が独走に持ち込んで優勝を決めた。

今シーズンは悪天候による2度の中止があり、急遽10月の追加開催が決定。
新たにレース機会が設けられたことも幸いし、トップの1-1からビギナーでも参戦できる1-4カテゴリー、さらには個人TTと、多くのライダーがエントリー。
東海地区のロードレースシーンのレベルアップを主目的としつつも、プロ・アマ、年齢・性別を問わずチャレンジできるレースが今回も繰り広げられた。

メインカテゴリー1-1のスタートライン

シリーズ主会場の長良川沿いのコースで実施されたレースに、KINAN Cycling Teamからは椿大志、塚本一樹、中西健児、山本大喜、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の7選手が出走。
11月上旬に控える国際レース、ツール・ド・おきなわ(UCIアジアツアー1.2)を視野に調整段階にある国内プロチームからは、マトリックスパワータグも参戦。
安原昌弘監督自ら“選手”としてレースに臨むなど、注目度の高い一戦となった。

前夜から降り続いた雨はスタート時に上がったものの、北からの風が強まり、周回前半が向かい風、後半は追い風というコースコンディション。
それも関係してか、レース序盤は集団内での出入りが繰り返される状態。
追い風を利用してスピードに乗せるも、向かい風区間で集団に戻されるなど、逃げ狙いの選手たちが悪戦苦闘する姿が目立つ。
一時、椿を含む4選手がリードしたが、これも逃げグループ形成までは至らなかった。

レース序盤は椿大志ら3選手が逃げを試みた

その流れに変化が生まれたのは、6周回目。
力のある4選手が集団から飛び出すと、後続との差を徐々に広げていく。
リードする4人は、井上選手のほか、安原大貴選手(マトリックスパワータグ)、筧五郎選手(ロードレース男子部)、さらにKINAN Cycling Teamから中島。
その差は最大で1分50秒近くにまで拡大した。

6周回目に逃げを決めた4選手。結果的にそのまま優勝争いへと移る

快調に飛ばす4人に対し、後続ではレース中盤に入って追走狙いの動きが散発。
単独でのアタック、数人単位での追走グループ形成など、次々と選手たちが追撃を試みるがいずれも局面打開にはつながらない。

中盤以降、メイン集団から数人が飛び出し追撃を図るシーンが増える

協調体制を保った先頭の4人は、後続とのタイム差を維持し、やがて逃げ切りが濃厚となる。
十分なリードを持って残り1周を迎えると、最終周回の鐘と同時に安原選手がアタック。
これを筧選手のみがチェックできず、優勝争いは3選手にゆだねられる。
アタックを繰り返す安原選手に中島がすかさず対応。
少し遅れて井上選手が追いつくといった構図。

4選手の態勢は変わらぬまま最終周回へと突入する

そして、決定打は追い風となる周回後半に入った直後に訪れた。
安原・中島両選手が見合う隙を突いて井上選手がアタック。
反応が遅れた2人を置き去りに、追い風を生かした井上選手がスピードに乗せる。

プロ選手が多く参戦し、ハイレベルとなったレースを制したのは、最後の最後に独走に持ち込んだ井上選手だった。
その後ろでは安原選手が中島を引き離し、井上選手を追い上げるも届かず。
中島は3位、メイン集団から抜け出した選手たちによる追走は、ホセビセンテ・トリビオ選手(マトリックスパワータグ)が単独となり、最終的に4位でフィニッシュした。

残り3kmを切ってからのアタックで独走に持ち込んだ井上亮選手が優勝

優勝した井上選手は、今年の全日本選手権ロードレースで8位に入った実力者。
普段はエンデューロなどで力を培っているといい、「これまで目立ったリザルトはなかったが、今回優勝できてうれしい」と笑顔。
今後も実力派ホビーレーサーとして注目を集めそうだ。

優勝した井上亮選手の表彰

中止分も含め、全11戦で争われた今年のシリーズ総合成績では、中島が前節で年間1位を確定させており、今回の3位で獲得した分も合わせてポイントを伸ばしている。
年間総合表彰は、12月16日に開催されるサイクルエンデューロイベント「ヴェロフェスタ2018 in モリコロパーク」内で行われる。

そのほか、この日はKINAN Cycling Teamのサプライヤー企業のブースも複数出展。
YONEXブースでは先ごろ発表されたエアロロードアイク「AEROFLIGHT」、MINOURAブースでは新作ハイブリッドローラー「FG542」といったニューモデルの展示が行われた。
スポーツサプリメントの「ATHLETUNE」ブースではアイテム紹介のほか、各カテゴリーでの優勝の副賞出品などで協賛。
また、KINAN Cycling Teamの選手が講師を務める「レーススキルアップ講座」では、中西をメインに体幹トレーニングをテーマに実施。
レベル向上を目指すサイクリスト以外にも、ファミリーでの参加など、誰もが気兼ねなく取り組むことのできるメニューを体験した。

講座参加者で記念撮影。本格ライダーからファミリーまで多く参加した

KINAN AACA CUP 2018 第11戦1-1クラス(102km、5.1km×20周回)結果
1 井上亮(Magellan Systems Japan)
2 安原大貴(マトリックスパワータグ)
3 中島康晴(KINAN Cycling Team)
4 ホセビセンテ・トリビオ(マトリックスパワータグ)
5 水野貴行(インタープロ・ストラダリサイクリング)

KINAN AACA CUP 2018 ポイントランキング(最終戦終了時)
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 1920pts
2 新城雄大(KINAN Cycling Team) 1088pts
3 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) 768pts
4 中西健児(KINAN Cycling Team) 672pts
5 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ) 512pts
5 井上亮(Magellan Systems Japan)
5 津田悠義(EQADS) 512pts
5 福田真平
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE