Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

10月14日開催 TRACK PARTY 2018 in AUTUMN DAY 2 レポート

雨乞・中西出場のRACK PARTY 2018 in AUTUMN Day2
マディソンでは前日のリベンジを果たす
トラックパーティー2018 イン オータム -サイクルエンターテイメント イズ-(NIPPO presents TRACK PARTY 2018 in AUTUMN 〜CYCLE ENTERTAINMENT IZU〜)の2日目。
KINAN Cycling Teamから出場している雨乞竜己と中西健児は、前日DNFと悔しい結果となったマディソンで完走を果たした。
もう1種目のエリミネーションでは雨乞竜己が16位、中西健児が11位となり、初のTRACK PARTYの全日程を終えた。

TRACK PARTYの2日目は10月14日(日)に伊豆ベロドロームで開催された。
前日とは打って変わって暖かな日差しに包まれた伊豆ベロドローム。屋外のフードエリアでは初日に行われた「まぐろ解体ショー」でさばかれたまぐろのアラ汁が振る舞われ、同時に開催されていたサイクリングイベントの参加者などで午前中から多くの人たちで賑わっていた。
ベロドローム内も前日より多くの観客に加え、競輪学校の生徒たちも観戦に訪れ、さらなる熱気の中でプログラムが進行。
また、この日の「バンクウォーク」では、アテンダント役に中野浩一氏が登場。“世界の中野”によるバンクウォークだけに、競輪オールドファンの姿が多数見られた。

TRACK PARTY2日目の朝を迎えた伊豆ベロドローム

オープニングランからこの日のプログラムをスタートした雨乞と中西。
前日と比べて多めの笑顔で観客に挨拶。
リラックスした様子に今日のレースに向けた期待が高まった。

マディソンでは前日の反省から、メイン集団にラップされた後の対応を重視。
格上選手たちの走りに合わせ、ラップされる回数を減らしていく作戦だ。
レースは、前日の同種目で3連覇を果たしたオーストラリアン・サイクリング・アカデミーの連勝を阻止しようと、有力チームが積極的に動いていく展開。
苦戦を強いられるKINAN Cycling Teamだったが、メイン集団に喰らいつく場面が何度も見られた。
また、選手交代もタイミングが合わずにスルーしてしまう場面こそあったが、前日よりも力強い放り投げを見せるなど、ペア2回目となるマディソンを完走で終了し、前日のリベンジを果たした。

中西を投げる雨乞

注目された優勝争いは、オーストラリアン・サイクリング・アカデミーが前日同様に圧倒的なレース運びで4連覇を達成。
国内勢はCS Slingerの新村穫選手が最終局面で先行し、1着フィニッシュで一矢を報いた。

マディソンにおける選手交代は、2人のタイミングを合わせるだけでなく、他チームの選手が入り乱れる中で放り投げが可能なスペースの読みや、放り投げの効果を最大化するようにバンク上側で投げて駆け下りでの加速の効果も得るなど、レース経験が物を言う種目でもある。
前日に明白となった課題を一夜にして修正したKINAN Cycling Teamの2人。ペアとしての可能性を感じさせる2日間のコンビネーションだった。

スムーズになってきた2人の選手交代

続いてはエリミネーションに出走した2人。
前日はレース序盤でエリミネートされてしまった雨乞は今回、粘りを発揮したいところだったが、早い段階で除外される結果となった。
エリミネート周回で最後尾となった選手が除外される競技特性は、一見単純なルールのように感じられるが、集団後方での選手間での駆け引きなど、この種目の奥深さが見え隠れする。
そんな中で中西は集団前方を確保し、前日よりも積極的な姿勢を見せる。
前日にレイモンド・クレダー選手(チームUKYO)のチェックに苦しんだが、この日は逆の立場に。
集団最後尾から前の選手の死角に入りつつ、フィニッシュラインでの一瞬のハンドル投げで生き残るなど、随所に技ありの走りを見せた。
最終結果は雨乞が16位、中西が11位とし、2日間の競技を終えた。

前後に位置して走る雨乞と中西

優勝争いは、前日の勝者であるキーランド・オブライエン選手を含むオーストラリアン・サイクリング・アカデミーと、チーム ブリヂストンサイクリングが2人ずつ残して終盤へ。
大歓声の中で迎えた最終局面だったが、窪木一茂選手(チーム ブリヂストンサイクリング)が力尽き、2日連続でオーストラリアン・サイクリング・アカデミー勢のワン・ツーフィニッシュとなった。

TRACK PARTYでは両日ともに、全種目終了後に再度出場選手がトラックに登場し、観客にお別れの挨拶。
記念のグッズをファンにプレゼントしながら、バンクをゆっくりとめぐった。

ピストバイクでの初レースだった雨乞と、トラック競技の経験を持つ中西と、それぞれに異なる境遇ながら、世界の強豪と肩を並べて2日間戦い抜いた。
すべてのプログラムを終えた両選手はホッとした表情でインフィールドへと戻ってきた。

TRACK PARTY2日間お疲れ様でした!!

●選手コメント

・雨乞竜己
「2日目は前日のマディソンでの課題をクリアすることを目標に走った。まずは走りきること(笑)。ラップされた後にどう集団に戻るかなど、当面の目標はクリアできた。

ピストに乗り始めて数日ということで、今回の目標設定は間違っていなかったと思う。ただ、エリミネーションは恐らく自分の得意な部類のレースだと思うのですが、不完全燃焼、あっけなく終わってしまった感じ。

とはいえ、2日間無事に終わることができてホッとしたというのが正直な感想。いきなりトップレベルを体験できたのはすごく良い経験で、刺激にもなった。この機会を与えてくださった大会関係者やチームに感謝している。ロード最優先だが、これを機にピストにも挑戦していきたい」
・中西健児
「1日目の反省点を生かしてマディソンでは協力して完走することができた。ピストバイクに乗るのは久々だったが、2日間ともにレースを楽しむことができてよかった」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Kensaku SAKAI
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE
RELATED RIDERS: