Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ジャパンカップ サイクルロードレース チームプレゼンテーション レポート

アジア最大級のワンデーレース「ジャパンカップ」開幕
KINAN Cycling Team7選手がチームプレゼンテーションに臨む
アジア最大級のワンデーレース「ジャパンカップ サイクルロードレース」が10月19日の各種イベントで幕を開けた。
この大会に3年連続での出場となるKINAN Cycling Teamは、宇都宮市街地で行われたチームプレゼンテーションに臨み、多くのファンからの歓声と拍手を受けた。

チームプレゼンテーション会場のオリオンスクエアに集まった多くの人たち

UCI(国際自転車競技連合)公認の国際レースとしては、アジア最上位のHCクラスにカテゴライズされるこの大会。
開催地・栃木県宇都宮市の各所にてレースや関連イベントが3日間にわたって行われる。

実質大会初日にあたる19日は、市内中心部のオリオンスクエアでチームプレゼンテーションが開催された。
ライトアップされたステージに、KINAN Cycling Teamは翌日のクリテリウム、翌々日のロードレースにそれぞれ臨む計7選手が登壇。
会場に詰め掛けた多くの観衆から歓声と拍手を受けた。

巨大スクリーンにチーム名が記され選手たちがいよいよ登場

年々出場チームがステージで見せるパフォーマンスのクオリティが上がっている、この大会のプレゼンテーション。
KINAN Cycling Teamも負けじとあの手この手でアピール。
メインスポンサー「株式会社キナン」が建設機械レンタルを扱っていることにちなみ、ミニチュア版の重機を持ち込んだり、バイクサプライヤーの「YONEX」をアピールすべく、同社製バドミントンラケットで選手サイン入りシャトルを飛ばすといった形でファンの心を惹きつけた。
極めつけは、表情や立ち姿、ライドフォームまでそっくりと言われる山本元喜と大喜の兄弟が、それぞれのジャージを逆に着用。
元喜のロード日本チャンピオンジャージを大喜が着て、元喜がオリジナルジャージで登壇すると、ステージから客席まで総ツッコミ。

YONEX製バドミントンラケットでシャトルを放つ選手たち

ツッコミを受けていよいよ本来の姿へ

その後改めて、日本チャンピオンジャージ姿となった山本元喜がマイクを取り、ジャージに恥じない力強い走りをすることを多くのファンの前で誓った。

選手を代表して活躍を誓う山本元喜

大会はいよいよ競技がスタート。
21日に行われるUCI公認レースに先立ち、20日はさまざまなカテゴリーでレースが行われる。
KINAN Cycling Teamは、宇都宮市大通り周回コースで実施されるジャパンカップ クリテリウムに臨む。
38.25kmで争われるスピードレースにチームは、山本元喜、山本大喜、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の6選手がエントリー。
セレモニーやパレードののち、午後3時40分にスタートを迎える。
また、午前中には本戦のコースとなる宇都宮市森林公園周辺のコースでオープニング・フリーランに選手たちが顔見せ。
一般サイクリストとコースをめぐりながら、ファンサービスを行う予定となっている。

いよいよ国内最高峰のワンデーレースに挑むKINAN Cycling Team

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE