Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

由布院小学校ウィーラースクール レポート

大分・由布院でウィーラースクールに4選手が参加
サイクリングを通して小学生との交流を深める
10月13~14日に大分県大分市内でレース活動を行ったKINAN Cycling Teamは、その後も同県内に滞在し、小学生を対象としたウィーラースクール(自転車交通安全教室)に参加。
4選手が講師を務め、自転車の安全な乗り方をレクチャーするとともに、サイクリングを通して参加した児童との交流を深めるひとときを過ごした。

今回チームが参加したのは、15日に由布市立由布院小学校で行われたウィーラースクール。
前々日の「おおいた いこいの道クリテリウム」、前日の「おおいた アーバンクラシック」の2レースを実施したサイクリングイベント「OITAサイクルフェス!!!2018」の関連事業として行われ、KINAN Cycling Teamからは山本元喜、山本大喜、中島康晴、新城雄大の4選手が参加。
同様に両レースに出場したシマノレーシング、愛三工業レーシングチーム、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・ヨーロッパオヴィーニ、オーストラリアン・サイクリング・アカデミーからも選手が集い、同校6年生約60人と安全な自転車の乗り方について、考え、実践する機会となった。

大きな拍手を受けて登場するKINAN Cycling Teamの選手たち

進行役を務めたのは、「ウィーラースクールジャパン」主宰のブラッキー中島隆章氏。
はじめに、スライドを用いて自転車の歴史や種類、さらにはスポーツとしての自転車について触れたのち、実際の事故例を用いながら交通ルールの重要性やヘルメットの必要性について説いていった。

ウィーラースクールジャパン主宰のブラッキー中島隆章氏が進行役を務めた

自転車の安全について真剣に考える時間を設けつつも、ときにユーモアたっぷりに話題を提供するブラッキー氏に児童はあっという間に引き込まれ、笑いたっぷりの座学となった。

真剣な中にもユーモアたっぷりの進行に児童は笑いが絶えない

場所をグラウンドに移しての実技では、決められた幅の中をはみ出さないように走り、きっちりと止まる動きや、数メートルおきに置かれたコーンをバランスを保ちながらのスラローム、みんなで隊列を組んで走るなど、実践的なプログラム。
選手たちはお手本を見せたり、児童への声掛けでチャレンジを促したりと、自転車を通してコミュニケーションを深めていった。

児童の積極的なチャレンジを促した中島康晴

最後は校舎をバックに記念撮影をして、約1時間30分のスクールは終了。
思いがけずたくさんの選手たちの訪問を受けた児童たちは、終了後も記念の握手に感激しているなど、いつまでも大興奮の様子だった。

校舎をバックに記念撮影

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE