Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

山本元喜ゲスト出演 ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム出場選手発表イベント レポート

さいたまクリテ出場選手発表会に山本元喜がゲスト出演
KINAN Cycling Team3選手を含む豪華出場メンバーに期待高まる
さいたま新都心駅周辺コースで11月4日に開催される「J:COM presents 2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」。
期待と注目が集まるビッグイベントまで1カ月を切った10月5日、さいたま新都心にて出場選手発表会が行われ、ロード日本チャンピオンの山本元喜が登壇。
あわせて、KINAN Cycling Teamから山本ら3選手の出場が発表された。
■KINAN Cycling Teamから山本ら3選手の出場が決定

イベントではまず、開催地さいたま市の清水勇人市長や、主催のアモリスポルオルガニザシオン(A.S.O.)イベントディレクターのエリックペレス・デ・アレナザ氏の挨拶があり、続いてクリテリウムメインレース出場チームと選手の発表、そしてスプリントレースの組み合わせ抽選会が行われた。

選手紹介では決定した出場選手がスクリーンに映し出された。KINAN Cycling Teamからは3選手が出場

山本、雨乞竜己、中西健児の出場が発表されたKINAN Cycling Team。
当日はクリテリウムメインレースのほかに、各チーム1名が出場するスプリントレース、チームタイムトライアルに出走。
スプリントレースは抽選の結果、ミッチェルトン・スコット、「ツール・ド・フランス ジャパンチーム」として参戦する別府史之選手、宇都宮ブリッツェンと対戦するA組に入ることが決まった。

出場チーム・選手、スプリントレースの組み合わせが決まったところで、満を持してこの日のイベントゲストが登場。
大きな盛り上がりの中、日本チャンピオンジャージをまとう山本と、9月15日の「Road to さいたまクリテリウム2018」を勝ち、個人タイムトライアルレース出場権を得た藤田涼平選手(サイタマサイクルプロジェクト)が紹介された。

イベントゲストとして山本元喜が一般レースを勝ち抜いた藤田選手(サイタマサイクルプロジェクト)とともに登壇

■熱い応援を呼び掛け

プログラム後半はトークイベントが行われ、山本のほかレース実況でおなじみの永田実氏、解説者の栗村修氏、アレナザ氏、今年のさいたまクリテリウム広報部長に就任した鈴木優華さんがステージへ。
大会ツイッターにリアルタイムで寄せられた質問も交えながらトークが展開された。

トークイベントに臨んだ山本元喜。ツイッターに寄せられた質問に答えていく

出揃った出場選手の印象を問われた山本は「みなすごい選手だが、個人的にはジロ・デ・イタリアで一緒に走ったキッテル選手」と注目選手をピックアップ。
「勝手に後ろについて走っていた」とジロ出場時のエピソードを紹介しつつ、「また同じレースを走れることが楽しみ」とコメントした。
また、「うれしい声援」について問われると、「ゲンキ!と、名前を呼んでもらえると嬉しいです! 自分を応援してくれているとダイレクトに伝わるので」と約100人の一般観覧者に向けて、当日の応援を呼び掛けた。

ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム本番への期待と驚きに満ちた発表イベント。
最後には、一般観覧者向けのフォトセッションの時間も設けられ、選手と記念撮影を楽しむ姿も見られるなど、笑顔と喜びいっぱいの中で幕を閉じた。

4賞ジャージの前で笑顔を見せる山本元喜。「ゲンキ!」と名前を呼んで応援してもられるのがうれしいと語る

※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Midori SHIMIZU
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE
RELATED RIDERS: