Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・シアク第2ステージ レポート

ツール・ド・シアク第2ステージ
スプリントにトライした山本元喜がチーム最上位の13位
●ツール・ド・シアク(Tour de Siak、UCIアジアツアー2.2)
第2ステージ シアク(Siak)-セイ・アピト(Sei Apit)-シアク 115.45km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
マルコス・ガルシア
サルバドール・グアルディオラ
トマ・ルバ
新城雄大
インドネシアで開催中のツール・ド・シアク(Tour de Siak、UCIアジアツアー2.2)は第2ステージ。
9月19日に行われた115.45kmのレースでは、前日に続きライバルチームの逃げ切りが決まった。
一方、メイン集団でのフィニッシュに切り替えたKINAN Cycling Teamは、山本元喜がスプリントにトライし、チーム最上位の13位でステージを終えた。

18日の第1ステージでは、ライバルチームの上位独占を許したKINAN Cycling Teamだが、残る3ステージで総合成績の挽回とステージ優勝を目指して走っていくこととなる。
初日をメイン集団で終えた新城雄大、サルバドール・グアルディオラ、山本元喜は、今後の走り次第で個人総合で上位進出を狙えるポジションに位置する。

出走サインを行う山本元喜

この日の第2ステージは、大会の拠点都市であるシアクを出発し北上。
セイ・アピトを折り返して再びシアクへと戻ってくる115.45km。
全4ステージ中、唯一のワンウェイルートに設定されている。
平坦基調のコースは、逃げ狙いのアタック合戦が予想されるほか、集団が1つであれば激しいスプリントフィニッシュとなる可能性が高い。
KINAN勢もアグレッシブな姿勢が求められる。

レースはアクチュアルスタート直後からアタックと吸収とを繰り返す。
出入りが激しい状況が続くが、決定的なアタックは生まれない。
リーダーチームのセントジョージコンチネンタルがプロトンをコントロールしながら、前半戦を進行。
KINAN勢は効率的な動きに努めながら、重要局面に備えて集団内に待機した。

集団内を走行する新城雄大。その後方にマルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラの姿も見える

均衡が破られたのは、レース中盤。
中間地点を過ぎてすぐに訪れた、この日唯一の中間スプリントポイントをきっかけに2選手が集団から抜け出す。
この中にリーダーチームのセントジョージコンチネンタル勢が含まれ、やがてその差は2分近いものに。
その後先頭は単独逃げへと変わったが、強い雨も影響してか集団とのタイム差は大きく変動することなく、そのまま逃げ切りが決まった。

独走を許したメイン集団は、2位争いのスプリントへ。
KINAN勢は山本がポジションを確保し上位進出にトライ。
13位でフィニッシュし、チーム最上位となった。

メイン集団は2位争いのスプリント。中央付近に山本元喜の姿も見える

KINAN Cycling Teamはこのステージを終えた時点で、山本が個人総合25位。
サルバドールが35位、新城が37位、トマが55位、マルコスが58位としている。

20日の第3ステージは、シアクを発着とする約80kmのコースをおおよそ2周回する161.48kmで、今大会の最長ステージ。
開幕から2日間逃げ切りが決まっているが、KINAN勢も逃げや好タイミングからのアタックでレースを動かしていきたいところ。
ライバルチームからの厳しいマークが続く状況だが、よい流れをつかむべく、残り2ステージへと照準を定める。
ツール・ド・シアク第2ステージ(115.45km)結果
1 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) 2時間30分7秒
2 モハドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム) +47秒
3 モハマド・アブドゥルハリル(マレーシア、チーム サプラサイクリング)
4 ディラン・ペイジ(スイス、チーム サプラサイクリング)
5 プロジョ・ワセソ(インドネシア、ジャワ・パルティザンプロサイクリング)
6 プユス・ヨユン(カンボジア、ネックスCCNサイクリングチーム) +48秒
13 山本元喜(KINAN Cycling Team)
38 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team) +50秒
47 新城雄大(KINAN Cycling Team) +51秒
51 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +52秒
55 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +1分55秒


個人総合時間賞
1 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) 5時間49分7秒
2 マーカス・クレイ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +8秒
3 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +3分49秒
4 ライアン・カヴァナフ(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) +4分44秒
5 ディラン・ペイジ(スイス、チーム サプラサイクリング) +4分49秒
6 モハドハリフ・サレー(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム) +5分1秒
25 山本元喜(KINAN Cycling Team) +5分7秒
35 サルバドール・グアルディオラ(スペイン、KINAN Cycling Team)
37 新城雄大(KINAN Cycling Team)
55 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team) +9分33秒
57 マルコス・ガルシア(スペイン、KINAN Cycling Team) +10分41秒


ポイント賞
1 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、セントジョージコンチネンタル) 26pts
20 山本元喜(KINAN Cycling Team) 1pts

チーム総合
1 セントジョージコンチネンタル 17時間31分56秒
10 KINAN Cycling Team +10分46秒
●選手コメント

・山本元喜
「中盤まではアタックが続き、雨も強くて視界が悪いなかでのレースが続いた。チームとしては効率的に動くことを心掛けていたが、逃げが長い時間決まらなかったこともあり、状況に合わせながら各選手が前を狙うような感じになっていった。KINANから誰かが動くとセントジョージコンチネンタルの選手がついてくるような形で、かなりマークされていることを実感している。

残るステージは、ステージ優勝に照準を定めながら、レース展開次第ではスプリントにも挑戦していく必要があると思っている。スプリントで狙う経験はあまり多くはないが、できる限りのことをしながら、今後のレースにもつなげていけるようなものにしていきたい」
・サルバドール・グアルディオラ
「多くの選手がアタックしては吸収されることが続くレースだった。個人的には久々のレースだが、1ステージごとに調子が上がってきている。チームとしても不可能なことはないと思うので、残るステージもベストを尽くしたい」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE