Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・シアク 前日レポート

ツール・ド・シアクが9月18日に開幕
アジアランク上位をかけるチームのシーズン後半戦が本格スタート
UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、KINAN Cycling Teamは9月18日に開幕するツール・ド・シアクに出場する。
選手・スタッフは開催地、インドネシア・スマトラ島入りし、レースに向けた準備を着々と進めている。

チームは1月の2018年シーズン始動から6月までに9勝を挙げ、これまでにないハイペースで勝ち星を重ねた。
主戦場であるUCIアジアツアーでは、チームランキング首位を長きにわたりキープ。トップを守るべく、ランキングに必要なポイントを伸ばしていくことがシーズン残りのテーマとなる。

KINAN Cycling Teamにとって、実質2018年シーズン第2ピリオドの幕開けのレースとなるツール・ド・シアク。
全4ステージ・総距離523.17kmのレースに、8カ国・13チームが招待され、タイトル獲得を目指す。
KINAN勢は今大会に、山本元喜、マルコス・ガルシア、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ、新城雄大をセレクト。
ライバルチームが実力派スプリンターをメンバー入りさせるなど、スピードに富んだレースとなることが予想されるなか、KINAN Cycling Teamはあらゆる展開に対応できるバランスのよい布陣を整えている。

ツール・ド・シアクに臨む5選手。左からマルコス・ガルシア、新城雄大、山本元喜、サルバドール・グアルディオラ、トマ・ルバ

4ステージはいずれも、スマトラ島中央部のシアク市を拠点にコースが設定される。
第1ステージは、52.52kmのコースをおおよそ3周回する154.18km。
第2ステージは、シアクからセイ・アピトまでを往復する115.45km。
最長距離となる第3ステージは、約80kmのコースをおおよそ2周回する161.48km。
最終の第4ステージは、シアク市内に設けられた約18kmのルートをほぼ5周回する92.06km。

KINAN Cycling Teamは16日、約24時間をかけて開催地へ移動。
翌17日にチームプレゼンテーションに臨み、その後選手たちは最終調整を行った。

インドネシアでは8月に総合スポーツイベントであるアジア競技大会が開催され、スポーツ熱が高まる中でのレース開催。
開催地シアクはもとより、国を挙げた今大会の盛り上げに期待が膨らんでいる。

午後に開かれたマネージャーミーティングでレースの重要事項が確認された

ツール・ド・シアク2018 レーススケジュール
9月18日 第1ステージ シアク(Siak)-ダユン(Dayun)-シアク 154.18km
9月19日 第2ステージ シアク-セイ・アピト(Sei Apit)-シアク 115.45km
9月20日 第3ステージ シアク-ダユン-ブアタン(Buatan)-シアク 161.48km
9月21日 第4ステージ シアクシティ(Siak City) 92.06km
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE