Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

山本大喜優勝! JCL 秋吉台カルストロードレース レポート

JCL「秋吉台カルストロードレース」で山本大喜がシリーズ初優勝
フィニッシュ前の急坂区間で力を見せつける
●三菱地所JCLプロロードレースツアー「秋吉台カルストロードレース」
9月12日 118km(29.5×4周回)

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
山本大喜
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
畑中勇介
三菱地所JCL(ジャパンサイクルリーグ)プロロードレースツアー第7戦「秋吉台カルストロードレース」が9月12日に行われ、山本大喜がフィニッシュ前の急坂区間でトップに立ち、そのまま優勝。
このシリーズで初の勝利を挙げた。
この結果により、シリーズリーダーの証であるイエロージャージも獲得。
個人ランキングでトップに立っている。
前日11日から行われてきたJCLの山口ラウンド。
先だって行われた「山口ながとクリテリウム」では、中島康晴がチーム最高の5位。
秋吉台に舞台を移して行われるロードレースでは、クリテリウムで逃したレース表彰台の最上段を狙って挑んだ。

日本最大のカルスト台地・秋吉台を縦断するカルストロードをメインに据えたレースコースは、29.5km。
これを4周する公道コースが設定され、総距離118kmで争われる。
ハイライトとなるのが、フィニッシュ前1.3kmからの急坂区間「カルストベルグ」。
平均勾配15%、最大で22%に及ぶ急勾配は、勝負を決めるにふさわしいポイント。
実際に、この上りで戦いが決することとなる。
山本大に加えて、中島、山本元喜、トマ・ルバ、新城雄大、そしてシリーズリーダーのイエロージャージを着る畑中勇介と、前日と同じオーダーでスタートしたKINAN Cycling Teamは1周目から積極的に展開。
まず中島がスプリントポイントを1位で通過した。
大きく動いたのは2周目半ば。数人が飛び出したところに山岳賞のレッドジャージを着る山本元がジョイン。
そのまま5人の逃げが決まると、長い時間レースを先行することとなった。
タイム差は最大で約1分。この間、2周目と3周目のカルストベルグをトップ通過。
労せず山岳ポイントを加算し、レッドジャージのキープを決めた。
最終周回でさらにレースは激化。
徐々に絞られていたメイン集団からトマが抜け出して、先行していた山本元に合流。
先頭は3人となって、一時メイン集団に対して50秒差まで広げる。
しかし集団もペースを上げて、最終周回の復路で先頭に合流。
おおよそ15人ほどのグループから優勝者が出るのは濃厚な情勢に。
ここで本多晴飛選手(VC福岡)が飛び出したのを機に、トマが集団牽引を開始。
KINANメンバーも前線に位置してカルストベルグでの勝負に備えた。

そして、本多選手とは10秒ほどの差で最後のカルストベルグへ。
勾配が厳しくなる区間でアタックが散発するが、山本大は冷静に対処。
脚を残して仕掛けるタイミングを計ると、残り200mでカウンターアタック。
この一発で後続を引き離して、単独でフィニッシュへと到達した。
厳しいマークに遭いながらも、最後の力勝負を制してシリーズ初勝利。
チームとしても、このシリーズでは3勝目とした。
同時に、山本大は個人ランキングでトップに立ち、畑中に代わってイエロージャージに袖を通している。
シーズン後半を迎え、各レースの勝利だけでなく、シリーズタイトルを賭けた戦いも熱を帯びている。
この先は、リーダージャージやチームランキングの首位を守ることも意識しながら、主要なレースに臨むこととなる。
秋吉台カルストロードレース(118km)結果
1 山本大喜(KINAN Cycling Team) 3時間3分23秒
2 宮崎泰史(スパークル大分レーシングチーム) +6秒
3 谷順成(那須ブラーゼン) +14秒
4 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +19秒
5 小石祐馬(チーム右京 相模原) +23秒
6 佐藤宇志(那須ブラーゼン) +25秒
9 畑中勇介(KINAN Cycling Team) +52秒
11 トマ・ルバ(KINAN Cycling Team) +2分2秒
13 新城雄大(KINAN Cycling Team) +4分34秒
20 山本元喜(KINAN Cycling Team) +7分55秒
DNF 中島康晴(KINAN Cycling Team)


JCL各賞リーダージャージ表彰(KINAN Cycling Team分)
●イエロージャージ(個人ランキングトップ)
山本大喜(KINAN Cycling Team)

●レッドジャージ (山岳賞)
山本元喜(KINAN Cycling Team)
●選手コメント
・山本大喜
「レースそのものは狙い通り。チームにリーダージャージの選手がいたり、レースの展開も関係してアシストに回る局面もあったが、最終的に勝負を託されて、結果を出せてよかった。最終局面はプレッシャーもあったが、みんなが状況を整えてくれていたので、最高の展開で勝負どころを迎えられた。あの状況では自分が勝つことしか考えられなかった。

とにかく焦らないことを心掛けた。マークすべき選手を見ながら、最後の上りで力勝負にできれば勝つ自信はあったので、冷静に走れたことが勝ちに結びついた。

JCLランキングの上位を固められているので、今後のレースでも自分だけじゃなく他のメンバーでも勝負できる選択肢が増えている。あらゆるカードを切りながら、最終的にチームとしてジャージが獲得できれば一番良いことだと思う」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE