Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

コーユーレンティアオートポリスロードレース 前日レポート

JCL「コーユーレンティアオートポリスロードレース」前日
リーダーチームとして迎える一戦へ臨戦態勢整える
●三菱地所JCLプロロードレースツアー「コーユーレンティアオートポリスロードレース」
8月8日 12:30スタート 116.85km(4.674kmx25周回) オートポリス(大分県)

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
山本大喜
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
畑中勇介
8月8日にオートポリス(大分県日田市)で行われる「コーユーレンティアオートポリスロードレース」を翌日に控え、KINAN Cycling Teamは最終調整を行った。

前日6日に別府競輪場(大分県別府市)での「JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ」を終えたチームは日田市に移動。
大会前日を調整や体のメンテナンスに充てるなどし、レースに備えている。
「三菱地所JCLプロロードレースツアー」大分シリーズの第2戦である「コーユーレンティアオートポリスロードレース」は、数々の熱戦が行われたオートポリスが舞台。
BANK LEAGUEメンバーの山本元喜、山本大喜、中島康晴、新城雄大、畑中勇介に加えて、トマ・ルバが合流。
現在のロードパートにおけるベストメンバーで挑む。

レースはサーキットフルコースを25周する116.85km。
レイアウトや安定した道幅から高速なサーキットレースが想定される。
そんな中でもヘアピンカーブや角度のあるカーブなど、テクニカルな要素も加わっている。
また自動車レースによるタイヤゴムの付着や、予想される天候(雨の予報)によるさまざまな路面状況を想定し、機材をセッティングする姿が見られた。
選手は各自思い思いの距離を走り調整を完了。
マッサージでコンディションも整え、本番のスタートを待つ。
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Midori SHIMIZU
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
ライブ配信はこちら。
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE