Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ レポート

JCL BANK LEAGUE 2021開幕
決勝進出を逃し次戦ヘ向け課題の克服へ
●JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ
8月6日 別府競輪場

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
山本大喜
中島康晴
新城雄大
畑中勇介
JCL(ジャパンサイクルリーグ)主催の「JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ」が、JCL大分シリーズの初日にあたる8月6日、別府競輪場(大分県別府市)にて開催。
KINAN Cycling Teamからは5選手が出場し、リーグ戦初戦を3-0のストレート勝ちとしたが第2戦は敗戦。
1勝1敗の成績で他チームと並んだものの、得失点差により決勝に進むことはできず終戦となった。
国内ロードレースチームによるトラック対抗戦のバンクリーグは、今年よりJCLレースとして開催。
2021年の開幕戦は、JCL大分シリーズの初日に催された。
KINAN Cycling Teamからは山本元喜、山本大喜、中島康晴、新城雄大、畑中勇介の5名がエントリー。

レース形式は、バンクリーグオリジナルの「3ポイントゲーム」。
4選手ずつで編成される2チームが出走し、正式スタート後の3,5,7,9,11周回目のコントロールラインを先頭で通過したチームに1ポイントが与えられる。
1人の選手が最大2ポイントまで獲得でき、先に3ポイントを獲得したチームが勝利となる。
予選ラウンドは出場6チームを2つに分けた総当たりのリーグ戦。
それぞれのグループ1位が決勝へ進出する。
KINAN Cycling Teamは宇都宮ブリッツェンとVC福岡とともに、グループAに入った。

初戦の相手は宇都宮ブリッツェン。これがバンクリーグデビューとなる畑中に加え、山本元、中島、新城の布陣で臨んだ。
落ち着いた入りのレースは最初のポイント獲得周回を前に動き出し、畑中が先取点を獲得。
続くポイント獲得周回では中島がスプリンターである小野寺玲選手(宇都宮ブリッツェン)と競って先着、2-0とリードする。
次に抜け出したのは山本元。
ここもゴールライン際での勝負に競り勝ち、チームとして3ポイントを連続獲得。完勝といえる勝ち方を見せた。
第2戦はVC福岡との対戦。
初戦とはメンバーを入れ替え、山本元、山本大、新城、畑中のオーダーで挑む。
新城がペースを作るレース序盤、KINAN有利かとも思われたがライン際での微妙な差で先取点を許す。
その後も同様のスプリント勝負に連続で敗れ、3ポイントを先取される結果に。

これによりグループAはKINANを含む3チームが1勝1敗で並んだが、得失点差で勝るVC福岡の決勝進出が決まった。
また、この日は決勝を前に地元競輪選手会とのエキシビションレースも実施された。
バンクリーグ選抜チームの一員として中島が出場。
通常はブレーキのないピストバイクに乗る競輪選手も、バンクリーグルールに合わせてロードバイクでの出走。
中島は集団から飛び出して1ポイントを獲得、勝利に貢献した。
なお今回の大会参加にあたっては、マスク着用など新型コロナ拡大防止への対策を徹底。
KINAN Cycling Teamの選手・スタッフはすべて、JCL指定の抗原検査場にて陰性を確認ののち会場入りしている。

JCL大分シリーズは8月8日に、コーユーレンティアオートポリスロードレースが行われる。
JCL BANK LEAGUE 2021 Round1 大分ステージ(KINAN Cycling Team分)

●予選(グループA)
KINAN Cycling Team 3-0 宇都宮ブリッツェン
KINAN Cycling Team 0-3 VC福岡

●エキシビションレース(中島)
バンクリーグ選抜チーム 3-1 地元競輪選手会
●選手コメント
・畑中勇介
「めっちゃ悔しいです!楽しかったですけど…。

バンクリーグに出るのは初めてで、いろいろとシミュレーションしていた。ただ(1人の最大獲得ポイント数の改定など)去年との違いもあり難しいところもあった。3-0でブリッツェンに勝って、KINANはすごく強いなと思ったが、本当にきつく感じる部分もあった。次のレースまでの時間の過ごし方、走った後のクーリングダウンやウォーミングアップ、それらを経験したことがなかったので手探り状態だった。

2戦目については、もちろん修正するところはあるが大きな失敗をしたわけではなく相手が強かった。終了後に終わりのないチームミーティングをして、考えることがたくさんあって、それだけ議論を交わせる要素が詰まっている。ヘコんでいる中でも「次はやるぜ!」というムードがある。

ソーシャルをとる中でも盛り上がる観客の姿を目にし、走っていても見ていてもおもしろいものと感じた」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Midori SHIMIZU
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE