Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

7月24日開催 iRC Tire Presents KINAN AACA CUP 2021 第5戦 1-1クラスレポート

iRC Tire Presents KINAN AACA CUP第5戦
1-1カテゴリーはスプリントで福田圭晃選手が優勝
●iRC Tire Presents KINAN AACA CUP第5戦(岐阜県海津市・国営木曽三川公園 長良川サービスセンター)
1-1クラス 5.1km×20周 102km

●KINAN Cycling Team出場選手
花田聖誠
山本大喜
トマ・ルバ
新城雄大
畑中勇介
東海地区のロードレースシリーズ「iRC Tire Presents KINAN AACA CUP」の2021年シーズン第5戦が7月24日、岐阜県海津市・国営木曽三川公園 長良川サービスセンター特設コースにて開催された。
メインレースである1-1クラスには、ホストチームのKINAN Cycling Teamから5人が出場。
終盤に抜け出した6名による小集団スプリントで福田圭晃選手(Velo Club Corbas)が優勝し、KINAN勢は山本大喜が2位相当でのフィニッシュとなった(オープン参加により着順つかず)。
東海地区の各所を転戦しながら、さまざまなレベルの選手の競技力向上へ寄与している本シリーズ。
今節は長良川沿いの平坦コースを使い、4つのエリートカテゴリーと2つのキッズカテゴリーのレースが行われた。
トップカテゴリーの1-1クラスは、5.1kmの周回コースを20周する総距離102kmで争われた。
シリーズのホストを務めるKINAN Cycling Teamからは、山本大のほか、花田聖誠、トマ・ルバ、新城雄大、畑中勇介の5選手が出走。
レースはスタート後、仕掛けどころであるカーブの連続するエリアで動きが起こるが、どの動きも長くは持たず集団に引き戻される。
KINAN Cycling Teamメンバーも攻撃をしかけ、特に畑中のアタックは成功する勢いかとも思われたが、ほどなくして集団に飲み込まれた。
その流れがしばらく続いた後、レースが大きく動いたのはラスト4周。
それまで1周7分30秒程度だったラップタイムが、ここにきて7分に短縮。
このペースアップにより、先頭は山本大、トマ、新城の3人を含む8人に絞られた。
その後の展開で先頭は6人と人数を減らし、KINAN勢は山本大とトマが残る。
そのままのメンバーで勝負となった最終直線、ここで伸びを見せたのが福田圭晃選手(Velo Club Corbas)。
トマを発射台とした山本大がスプリントに加わたが、2着でのフィニッシュとなった。
そのほか、レース外の取り組みも回を重ねるたびに充実度がアップ。
この日は、初めての試みとしてロードレース入門講座を開催し、中島と花田が指導役に。
クリテリウムレースにおけるポジション取りの重要さをテーマに、実走を交えてレクチャーした。
そして、恒例となったキッズスクールでは、バイクコントロールを向上させるための課題を設定。
子供たちは臆することなく、次第に難しくなる課題にチャレンジ。
選手のフォローを受けながらこなしていく姿が見られた。
なお、開催に際しては感染症対策を徹底。
入場者数を1000人以下とすることや、マスクの着用やすみやかな帰宅をうながすなど、通達に則った開催とした。
iRC Tire Presents KINAN AACA CUP 2021 第5戦 1-1カテゴリー(102km)結果
1 福田圭晃(Velo Club Corbas)
2 森口寛己(jin cycling team)
3 向川尚樹(VC福岡)
4 井上亮(Magellan Systems Japan)
5 渡邊諒馬(VICTOIRE広島)

シリーズポイントランキング(第4戦終了時)
1 大前翔(愛三工業レーシングチーム) 640pts
2 福田圭晃(Velo Club Corbas) 512pts
2 中川拳(愛三工業レーシングチーム) 512pts
4 東優仁(VC福岡) 256pts
4 川崎嘉久(Nerebani) 256pts
4 森口寛己(jin cycling team) 256pts
選手コメント
・山本大喜
「(作戦としては)逃げを作って、そこにKINANメンバーから多く入れられたらと考えていた。なかなか決まらなかった逃げは集団が疲れたタイミングで決まった。

(終盤、人数が絞られてから)トマさんとアタックを打ち合って消耗させようとしたが、他の選手にも脚が残っていて脱落させるには至らなかった。最後はトマさんに引いてもらってスプリントをしたが、厳しかった」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos: Midori SHIMIZU
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE