Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・北海道2018の開催中止について

KINAN Cycling Teamが出場を予定していましたツール・ド・北海道2018が、9月6日未明に発生した、北海道胆振地方中東部を震源とする地震の影響で中止となりましたことを報告します。
同7〜9日に開催が予定されていた大会ですが、開幕地である旭川市も震度4の揺れを感じ、停電や断水に見舞われました。
6日午後の時点で完全復旧の目処は立っておりません。
また、北海道内各地で建物の倒壊や火災、死傷者や行方不明者の発生、道路の分断などの被害が出ており、関係機関が対応に追われている状況です。
こうしたことから、大会主催者と関係各所とが協議を行い、道路の安全確保が困難と判断。
同日午前に中止することが決定しました。
ツール・ド・北海道32回の歴史で、中止は初めてのこととなります。

マネージャーミーティングの様子

同日午後には監督・チームスタッフを対象としたミーティングが行われ、開催中止の経緯や今後の対応について説明・確認が行われました。

ミーティングを終え、関係者同士で今後の動きを確認する

KINAN Cycling Teamでは、レースに備えて旭川市内に滞在していた選手・スタッフのほか、一部スタッフの現地入りができない状況となりましたが、全員の無事を確認しております。
また、選手たちはトレーニング実施を自粛し、水や食料の確保を最優先しながら旭川市内に待機をしています。

今後については、関係各所からの指示を仰ぎながら対応する見通しです。
改めて、被災されたみなさまに対し、チーム一同謹んでお見舞いを申し上げます。
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE