Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

iRC Tire Presents KINAN AACA CUP第3戦 レポート

iRC Tire Presents KINAN AACA CUP第3戦
メインの1-1カテゴリーは大前翔選手が集団スプリント制する
●iRC Tire Presents KINAN AACA CUP第3戦(愛知県新城市・鬼久保ふれあい広場)
1.4km×37周 51.8km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
花田聖誠
山本大喜
福田真平
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
畑中勇介
東海地域のロードレースシリーズ「iRC Tire Presents KINAN AACA CUP」の2021年シーズン第3戦が愛知県新城市で開催。
メインレースの1-1カテゴリーは集団スプリントによる勝負となり、大前翔選手(愛三工業レーシングチーム)が優勝。
これまでの2節が中止になっていたこともあり、今季のシリーズ初戦を飾っている。

全4カテゴリーとキッズレースが繰り広げられた

同地域のロードレース普及と強化にとどまらず、近年は全国各地から実力者やステップアップを目指す選手たちが集まる一大イベントとなっているシリーズ戦が、いよいよ幕を開けた。
ここまで、2月と3月に予定されていたレースは新型コロナウイルス感染拡大の影響や天候不良により相次いで中止になっており、今節が事実上の初戦に。
国内のロードレースシーズンが本格的に開幕した直後というタイミングも相まって、4つのカテゴリーに多くの選手がエントリーした。

1-1カテゴリーのスタート

特に、メインレースの1-1カテゴリーには、「三菱地所 JCLロードレースツアー」を主戦場とするレバンテフジ静岡、ヴィクトワール広島、VC福岡にホストチームのKINAN Cycling Team、Jプロツアー勢では愛三工業レーシングチームと、各リーグのトップチームが参戦。
そこに学連チームや実力派ホビーレーサーが加わるハイレベルの戦いに。

レース前半はアタックの応酬になった

KINAN Cycling Teamからは、山本元喜、花田聖誠、山本大喜、福田真平、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大、畑中勇介の8人がスタートラインへ。
序盤から繰り返された攻撃的な展開に応戦する。
トップチームの選手たちが主に動かしたレース前半では逃げグループは形成されず。
鬼久保ふれあい広場を基点に一部公道も含んだ1.4kmの周回コースが上りと下りの連続であることも関係してか、集団の人数が絞られる一方で先行する選手がなかなか生まれないまま進行した。

新城雄大のアタックでレースが活性化

均衡が破られたのは、レース半ばすぎ。
新城のアタックをきっかけに4人が抜け出すと、集団に対して数秒のリード。
これはやがてメイン集団に引き戻されることとなったが、残り9周からはトマがアタック。
一時は20秒近い差となり、しばし単独で逃げ続けた。

一時単独で逃げたトマ・ルバ

これを追いたいメイン集団からは、鈴木龍選手(レバンテフジ静岡)と山本元が飛び出すことに成功。
残り5周を前にトマに合流するとそのままパスして、2人逃げに持ち込む。
集団のペースも落ちることなく、終盤にかけて緊張感が高まっていった。

レース終盤、逃げを試みた鈴木龍選手と山本元喜

勢いはメイン集団が勝り、残り2周を迎えたところで先頭2人をキャッチ。
そのまま最終周回へ突入すると、優勝争いはスプリントへ。
上り基調の最終局面を制して一番にフィニッシュへとやってきたのは大前選手。
変化の多いコースながら平均時速41kmを記録したハイスピードレースを制している。

1-1カテゴリーは大前翔選手(左から2人目)が勝利

そのほか、今節はシリーズ協賛のiRC Tire(井上ゴム工業)さまのほか、チームサプライヤーでもあるATHLETUNE(株式会社 隼)さま、FUSION(有限会社 光設備)さまなどがブースを出展。
レースに先立って行われたキッズスクールではKINAN Cycling Teamから新城がメイン講師を務めて、ヘルメットのかぶり方やブレーキ確認、
バイク上でのバランス感覚を養う「おそのり競争」を実施。レースにとどまらない、各種アクティビティで会場はにぎわった。

キッズスクールも多くの参加者に恵まれた

同シリーズの次節は5月1日、岐阜県海津市・国営木曽三川公園 長良川サービスセンターを会場に開催される予定。
これまで同様、感染症予防に努めるとともに、会場への入場制限を図りながらレースを開催する。
iRC Tire Presents KINAN AACA CUP 2021 第3戦 1-1カテゴリー(51.8km)結果
1 大前翔(愛三工業レーシングチーム)
2 東優仁(VC福岡)
3 津石康平(中央大学)
4 初川弘浩(中京大学)
5 草場啓吾(愛三工業レーシングチーム)
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE