Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

オフシーズン活動報告-トレーニングキャンプ

2021年に入って以降、KINAN Cycling Teamは新型コロナウイルス感染症拡大における国内の情勢を注視しながら、慎重にチーム内活動を行ってまいりました。
各地での緊急事態宣言発令のほか、チーム独自の感染対策を講じながらであったため、ここまでのチーム内活動のほとんどを非公開で進めてまいりました。

まもなく国内のレースシーズンが幕を開けるにあたり、2021年に入ってからのチーム内活動を、簡単にではありますが報告させてもらいます。
今回は、2回実施したトレーニングキャンプについてです。
以下、通常のチームレポート形式でお伝えします。
2021年シーズンのレース活動への準備として、KINAN Cycling Teamはチームハウスを設ける三重県多気町、ホストレースの開催や各種イベント活動でゆかりのある愛知県新城市の2カ所でそれぞれ1週間単位のトレーニングキャンプを実施した。

多気キャンプ

多気町でのキャンプは、オフ明けであることを考慮し、しっかりと乗り込むことを重視。
伊勢志摩国立公園にも含まれる風光明媚なルートを採用しながら、激しいレースにも耐えうる脚づくりに取り組んだ。

新城キャンプ

新城市に場所を移して行ったキャンプ期間は、多気キャンプよりも強度を上げ、ときにレースを意識したトレーニング内容へ。
選手たちにとっては、レースやイベントで走り慣れている区間も多く、効率性も高いトレーニングが実現している。

新城キャンプ

どちらのキャンプ期間も、気温の低い時期と重なり、日によっては風雪に見舞われることも。
そうした中でも選手たちは、そのときどきでできる内容を考えながら、予定されていたプログラムを実行。
チームとしてトラブルなく、2回のキャンプを打ち上げている。

新城キャンプ

なお、新城キャンプにあたっては、同市のスポーツツーリズム推進課の協力もあり、スポーツと観光とをマッチさせた街の楽しみ方にチームが参画。
今後も継続して、同市とチームとが協同してサイクルスポーツを盛り上げていくことを約束している。
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE