Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

KINAN AACA CUP 2020 第10戦 レポート

KINAN AACA CUP 2020第10戦は逃げメンバーによるスプリント決着
山本哲央選手が今季2勝目を挙げる
●KINAN AACA CUP 2020 第10戦 1-1カテゴリー
木曽三川公園 長良川サービスセンター特設コース 3.5km×30周回 105km

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
椿大志
山本大喜
福田真平
トマ・ルバ
新城雄大
KINAN Cycling Teamがホストを務める東海地区のロードレースシリーズ「KINAN AACA CUP」は、10月31日に2020年シーズンの第10戦を開催。
岐阜県海津市・木曽三川公園 長良川サービスセンター内の平坦コースでレースが行われ、最上位クラスの1-1カテゴリーは14選手による逃げ切りに。
最後はスプリントで山本哲央選手(チームさわこ)が勝利。
今季のシリーズ2勝目を挙げている。

1-1カテゴリーは山本哲央選手が優勝

新型コロナウイルスによるパンデミックで、イレギュラーなシーズンとなった今年。
このシリーズ戦も例外ではなく、これまでに日程や会場の変更、無観客開催などの措置を講じながら、おおよそ月1回のペースでレースを実施してきた。
そうしたなかで、今節は有観客での開催へ。参加選手・関係者による健康状態の申告はもちろんのこと、観戦に関しても各自ソーシャルディスタンスを図りながらレースを楽しんでもらえるよう主催者側による配慮がなされた。

1-1カテゴリーのスタート

選手のレベルやスキルに応じて分けられるレースは計4クラス。
最上位の1-1カテゴリーには、開催地域である東海地区の有力選手にとどまらず、今回は国内トップチームからも参戦。
すでに公式戦シーズンは終わったものの、例年より少なかったレース機会を埋めていくべく、60人近い選手がスタートラインへ。
ホストのKINAN Cycling Teamからは、山本元喜、椿大志、山本大喜、福田真平、トマ・ルバ、新城雄大の6選手が出走した。

シリーズリーダージャージで出走する山本大喜

迎えたレースは、2周目を後半までに山本選手と寺田吉騎選手(磐田北OB)が先行を開始。
数周回リードしたのち集団へと戻されるが、レースを活性化させるには十分な動き。
この2選手が集団へと戻ってからは散発的にアタックとキャッチを繰り返しながら、速いペースで序盤戦が進行。
8周目には5人が先行したが、ここも大きなリードを奪うまでには至らず、少し置いて集団が追いついている。

8周目に形成された逃げグループ

この日の勝負にも関係することになる大きなアクションとなったのが12周目。
11人が飛び出すと、そのまま逃げの態勢へ。
KINAN勢では椿と新城がジョイン。
集団が止まったこともあり、あっという間に1分近いタイム差に広がる。

レース半ばに形成された先頭グループ

ただ、集団内にこの状況を嫌う選手が多かったこともあり、追走ムードが高まる。
約20秒差まで迫ったところで、4人ずつの追走パックが2つ形成され、先頭の11人に迫る。
数周回追いかけた末に、18周目に第1追走グループが前を走っていた選手たちに合流。
先頭グループでの選手の脱落が発生していたこともあり、入れ替わりによって14人が先行。
結果的に、このメンバーが最後まで逃げ続ける形になった。

レース半ばに14人に膨らんだ先頭グループ。新城雄大が牽引する

優勝争いへと移っていた14選手は、山本選手、寺田選手、川崎嘉久選手、古閑祥三選手(ともにNerebani)、岡本隼選手(愛三工業レーシング)、塚本一樹選手(Yamanakako Cycling Team)、小嶋渓円選手、大久保陣選手(ともに宇都宮ブリッツェン)、小山智也選手(Hincapie LEOMO p/b BMC)、水野貴行選手(稲城フィッツ)、吉田圭吾選手(京都産業大学)、森崎英登選手(Team ORCA)、そしてKINAN勢から椿と新城。

徐々に勝負を意識して牽制気味になる先頭グループ

快調に飛ばしていた先頭グループだが、残り5周を切ったあたりからは牽制気味に。
ときおりアタックがかかるが、いずれも決定打に欠く。
結局、14人のグループのままで最終周回の鐘を聞くことに。
そのままスプリント勝負にゆだねられた。

最後は14人によるスプリントに。先頭で最終コーナーを抜けた山本哲央選手が一番にフィニッシュ

最終コーナーを目前に始まったスプリントは、真っ先にホームストレートへと突入した山本選手がトップを守ってそのままフィニッシュ。
最後はスプリント力に加えて、先頭グループ内でのポジショニングも大きく反映される結果になった。
これで山本選手は第4戦に続く2勝目を挙げている。

優勝を決めた山本哲央選手

異例となったシーズンへの思いをレースにぶつけるべく、熱い走りを見せる選手たち。
そんな姿を見られるのは、残りあと1戦となった。
最終の第11戦は、11月28日に愛知県新城市・鬼久保ふれあい広場を舞台に開催される。
エントリーは11月9日開始となっている。
KINAN AACA CUP 2020 第10戦 1-1カテゴリー結果
1 山本哲央(チームさわこ)
2 寺田吉騎(磐田北OB)
3 川崎嘉久(Nerebani)
4 森崎英登(Team ORCA)
5 椿大志(KINAN Cycling Team)


KINAN AACA CUP 2020 ポイントランキング(第10戦終了時)
1 山本大喜(KINAN Cycling Team) 1280pts
2 山本哲央(Yamanakako Cyclisme Formation/チームさわこ) 1024pts
3 椿大志(KINAN Cycling Team) 928pts
4 津田悠義(EQADS) 640pts
5 石原悠希(Hincapie LEOMO P/b BMC) 576pts
5 小山智也(Hincapie LEOMO P/b BMC) 576pts
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE