Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

荒井佑太ケイリン3位入賞! 全日本トラックチャンピオンシップ第2日 レポート

全日本トラックチャンピオンシップ第2日
ケイリンで荒井佑太が3位入賞で連日の表彰台
10月17日から2日間にわたって行われた全日本トラックチャンピオンシップ。
大会2日目も前日に引き続いてKINAN Cycling Teamから3選手が出場。
ケイリンに臨んだ荒井佑太が決勝へと駒を進めて3位入賞。
大会1日目のスクラッチに続いて、連日の表彰台確保。
1kmタイムトライアルに出場した田中克尚、オムニアムに参戦の山本元喜も今後につながる内容の濃いレースを展開した。

山梨県境川自転車競技場

終日雨が降り続いた前日とは一転し、この日はときおり晴れ間が見られるほどにコンディションは回復。
山梨県境川自転車競技場を舞台に繰り広げられている戦いは、この日も各種目で高いレベルのレースが連続した。

KINAN Cycling Teamは大会初日、荒井がスクラッチで、山本がポイントレースでそれぞれ3位入賞。
国内トップクラスの選手たちがそろう中でも一定の成果を挙げている。
そんなよい流れを継続して好走したのは、ケイリンに出場している荒井。
前日の予選、敗者復活戦とを戦って迎えた1/2決勝。
後方からの展開となるが、ペーサーが外れた残り2周から番手を上げて2着でフィニッシュ。
3着以内の決勝進出条件を無難にクリアする。

ケイリン1/2決勝

そして迎えた決勝。2番手でレースを進めると、残り2周となって第3コーナーでスピードを上げると、そのまま先頭に立って逃げの態勢へ。
残り半周で後続に迫られ、最後の直線で2選手に差し込まれたものの、3位を決めて表彰台の一角は確保。
連日の入賞を決めた。

ケイリン決勝残り1周。荒井佑太が先行逃げ切りを図る

荒井の活躍に負けじと、残る2選手も奮闘。
山本が出場したオムニアムは、1日で4種目行う混成競技。各種目の順位をポイント化し、合計ポイントが最終的な総合成績となる。
第1種目のスクラッチは、25周回・10kmを走りフィニッシュの順番がそのまま反映される。
ここを12位で終えて、第2種目のテンポレースへ。
これも25周回・10km競うが、5周目以降の毎周回で1位選手に1点ずつ付与され、その合計得点を順位化。
レース後半にポイントを獲得した山本は、この種目を7位で終了。
前半2種目を終えて9位とする。

オムニアムに臨んだ山本元

第3種目のエリミネーションは、2周目以降の周回完了時に最後尾の選手が除外。
最後の1人が決まるまでレースが続けられる。
ここで山本は11位に終わって得点を伸ばせず。
3種目を終えて11位として、最終種目のポイントレースへ。
60周回・24kmに設定され、5周回ごとに上位4選手へ順位に応じたポイントが付与される。
また、この種目で獲得したポイントはそのまま総合得点に反映され、一発逆転を狙った駆け引きも見ものに。
山本も総合順位のジャンプアップを狙って積極的に展開。
たびたび集団から飛び出しを図ったが、大きくリードを奪うまではいかず。
結果的にここで得たポイントで順位を1つ上げるにとどまり、最終成績は10位だった。

最終順位は10位

1kmタイムトライアルに出場した田中は14位。
トラックを2周半、1分数秒で終わるスピード種目は、スタートからいかに早くトップスピードに持ち込んで、最後まで保てるかが大きなカギに。
田中は前半から飛ばしたが、後半に入ってペースダウン。
タイム・順位ともにもうひと伸び届かず、上位進出は今後へお預けになった。

田中克尚は1kmタイムトライアルで14位

2日間を通して、3種目で表彰台を確保。
優勝までは届かずも、トラックパートの充実度を示す内容と結果で終えることができている。
各選手ともに長期的なビジョンの中で今大会に挑んでおり、ここでの走りが今後の目標にも反映されていくこととなる。

そして、3選手はいずれも11月14日開催のバンクリーグ・宇都宮ラウンドへの出走を予定。
今大会が大きな足掛かりの機会となりそうだ。

ケイリン上位3選手の表彰

全日本トラックチャンピオンシップ 第2日結果
●オムニアム
10 山本元喜(KINAN Cycling Team) 73pts(スクラッチ18p、テンポレース28p、エリミネーション20p、ポイントレース7p)

●ケイリン
・1/2決勝第1組
2 荒井佑太(KINAN Cycling Team) 決勝進出

・決勝
3 荒井佑太(KINAN Cycling Team)

●1kmタイムトライアル
14 田中克尚(KINAN Cycling Team) 1分13秒766
●選手コメント
・山本元喜
「課題を見つけることが一番の目的だった。昨日のポイントレースで3位だったことで、意外といけるかなという思いもあったが、今日は痛い目を見たのが正直なところ。力業では通用せず、テクニックの足りなさを痛感した。トラックに関しては目標を国体に定めているので、これからはその課題をクリアしていくためのトレーニングを考えていきたい。

種目によっては走るのが高校以来だったりもしたので、当時の感覚しかなかった中で、2日間でレース本数を重ねられたことは今後の課題克服にもプラスに働くと思う。実情としてバンク練習は十分な機会を得られているので、あとはレースをこなして養っていかないといけない部分が大きいのではないか。

(バンクリーグを視野に入れて活動)今大会を走った3人とも出場する予定。ここでつかんだ収穫を生かして、8月の名古屋に続く勝利をつかみたい。名古屋は出走しなかったので、個人的にもチームに貢献したいという思いは強い」
・田中克尚
「前日のケイリンで実感したダッシュ力不足が今回の走りにも表れてしまった。1kmタイムトライアルはスタートからのスピードをいかに維持できるかが重要。スタートダッシュが決まっていないので、フィニッシュタイムにもそれが反映されてしまっている。

大きな目標を国体に据える中で、個人種目だけでなくチームスプリントでも戦力になりたいと考えている。チームスプリントは3走になれば1200mを走ることになるが、1走から3走までどこを任されてもよいように準備をしていきたい。今回の1kmへのエントリーはその意味合いがある。

(KINAN Cycling Teamで1シーズン走って)周りには自分が大学で競技を辞めると思っていた人も多かったようなので、KINANの一員になったことを驚くと同時にこれまで以上に応援してもらえることがうれしい。

(次の目標はバンクリーグ)8月の名古屋ではポイント獲得ができなかったので、今度こそはチームに貢献したい。1試合1ポイントを確実に、チームの勝利に貢献したい」
・荒井佑太
「ケイリン決勝を前に、スプリント競技を走った選手も多かったので、(ケイリンに集中できる)自分は力を発揮できれば順位はついてくるだろうと思っていた。仕掛けたのは残り2周の第3コーナー。逃げ切れればよかったが、想定通りの内容でよい走りはできたと感じている。順位的には実力通りかなとも思うが、一方で先行逃げ切りができる脚があれば勝てていたはずなので、トップスピードを維持する力がまだ足りなかったことは認めないといけない。

(KINAN Cycling Teamで2シーズン走って)ロードメインのチームとあって1年目は適応に苦しんだが、2年目を迎えてからは自分の持ち味を生かせないと立場がないことも自覚していた。出場するレースすべてで表彰台は最低限の目標で、今回は2種目でそれが達成できたことはよかった。

次の目標はもちろんバンクリーグ。名古屋での勝利の勢いのまま宇都宮も勝ちたい。自分がチームを引っ張るという意識で臨みたい」
※レポートはメディアリリースから

Report, Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE