Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

いなべさんぽ レポート

いなべの魅力が詰まったウォーキングイベント
自転車を必要としない催しで幅広い参加層をつかむ
梅雨の合間の天気となった7月5日の午前、三重県いなべ市の「いなべサイクルターミナル」を発着としたウォーキングイベントを開催。
石田哲也監督がコース監修を務め、日頃応援してくださるファンとチームとがゆっくりと交流できる機会をプロデュース。
レースシーズン再開が近づく中で、“歩き”から“自転車”への熱を高める好機となった。
新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン中断は、レースのみならず、ファンとの交流機会も長く奪う事態だった。
その間のロスを取り戻すべく、KINAN Cycling Teamでは情勢に合わせながら少しずつイベント活動のペースをアップ。
7月に入って最初のイベントとして、このウォーキングを実施。
「いなべさんぽ」と題して、約11kmの道のりをセッティングした。
チームからは石田監督に加えて、加藤康則ゼネラルマネージャーも参加。
「美しい日本の歩きたくなるみち 500選」にも選ばれた9kmほどのウォーキングコースをベースに、石田監督がこの日のルートを設定。
監督自ら「旅のしおり」を作成し、参加者に配られた。
同ターミナルが駅前に設けられているメリットを生かし、日本に3路線しか現存していない「ナローゲージ(線路幅が762㎜と通常より狭い)」での電車移動や、大泉駅併設の農産物直売所「うりぼう」の目玉であるジェラートに舌鼓を打ったりと、自転車だけではない“いなべの魅力”を歩きの中に凝縮。
また、美しい直線の参拝道と狛鹿のある「大谷神社」、紫陽花が手水舎に浮かべられる様が撮影スポットとして人気の「金井神社」、日本の近代土木遺産Aランク評価の「ねじり橋」など、史跡や観光資源をめぐる旅でもあった。
自転車を一切必要としない催しは、チームにとっても新たな試みだったが、参加者からはイベントを楽しみながらチーム関係者と落ち着いてトークできる機会と大好評。
実際に、日頃はなかなかオープンにならない遠征時の裏話が出たり、今後のチーム動向についてちょっとした予告があるなど、この機会だからこその話題で盛り上がり。
同時に、石田監督、加藤GMから改めてシーズン再開後の応援を参加者に求め、ともに戦っていくことを約束する場ともなった。
この日は、チームのタイヤサプライヤーであるIRC TIREさまよりTシャツが提供され、参加賞として贈られたほか、星野貴大メカニックによる洗車会を併催。
徐々にではあるものの、チームのイベント活動が活発さを取り戻している。
Photos, Report: Tomohiro TANAKA
Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE