Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

TRACK FESTIVAL ’18 レポート

選手とファンが一体となった「TRACK FESTIVAL '18」
国内ロードシーンのトップが一堂に会し走りで魅了する
自転車競技の発展と進行を目的に、国内に拠点を置くUCIコンチネンタルチームが一堂に会した「TRACK FESTIVAL '18」が8月24日、宇都宮競輪場にて開催された。
日本のロードシーンのトップレーサーが集まったイベントに、KINAN Cycling Teamも参戦。
ロードレースとはひと味違った勝負の魅力をトラックで表現し、会場に集まったファンと1つになって初開催のイベントを成功させた。

6チームが一堂に会した

今回参加したのは、KINAN Cycling Teamのほか、宇都宮ブリッツェン、那須ブラーゼン、チーム ブリヂストンサイクリング、マトリックスパワータグ、愛三工業レーシングの6チーム。
KINAN Cycling Teamからは、山本元喜、中西健児、雨乞竜己、中島康晴、新城雄大の5選手に、強力な援軍として、元ロードレース選手であり、現在は競輪で活躍する福田真平選手が合流。6人でエントリーした。

競輪界で活躍する福田真平選手がこの日限定でKINAN Cycling Teamに加わった

イベントの華を飾るレースは、オリジナル種目の「ファイブポイントゲーム」。
2チームの対戦形式で、1チームあたり5名出走の計10選手がスタートラインへ。
1周回ローリングののちリアルスタートとなり、各周回の先頭通過選手の所属チームに1ポイントが付与される。
最終的に5ポイント先取したチームが勝利となる。

イベントの企画立案を行なった加藤康則ゼネラルマネージャーによる開会宣言

イベントの企画立案を行った弊チームゼネラルマネージャー・加藤康則による開会宣言の後、競技開始。
東西に分けられた予選ポッド内での抽選の結果、西リーグに属するKINAN Cycling Teamは、初戦をマトリックスパワータグ、第2戦を愛三工業レーシングと対戦することが決定。
東西のそれぞれの予選リーグを1位通過したチーム同士が決勝を戦うことになる。

チームを代表して中島康晴が西リーグの組み合わせ抽選に臨んだ

ナイター照明に照らされる中での初戦。
山本、中西、雨乞、中島、新城で臨んだKINAN Cycling Teamは、序盤こそポイントを獲得したものの、中盤以降にマトリックスパワータグに主導権を奪われ、5ポイントを先取されて敗戦。

ポイント獲得を狙って競る雨乞竜己

しばらく時間をおいて臨んだ第2戦は、新城と福田選手を入れ替え。
スタート直後から愛三工業レーシングの攻勢にあいながらも、中西が3ポイント連取するなど、好展開に持ち込んでそのまま勝利。
最後は日本チャンピオンジャージを着用する山本がポイントを獲得してレースを締めた。

愛三工業レーシング戦。序盤にアタックを成功させた中西健児が3ポイント連取する

1勝1敗で予選リーグを終えたKINAN Cycling Teamは惜しくも決勝進出こそならなかったものの、各選手がそれぞれに持ち味を発揮。
ロードで培った走りをファイブポイントゲームに応用させ、選手間で連携をとりながら2レースを戦った。
なお、決勝は東西の首位チームの頂上決戦として行われ、マトリックスパワータグを破ったホームチームの宇都宮ブリッツェンが優勝している。

会場は、トラックの内側に有料のVIP席を用意。
レースを間近で見られるだけでなく、敢闘門からトラックへと入る選手との交流も楽しむ要素となった。
また、無料のスタンド席もほぼ満席。多くのファンが注目する中で、イベントを成功裏に終えている。

無料のスタンド席はほぼ満員となった

選手たちの走りを間近で見られるVIP席

KINAN Cycling Teamはレース以外にも、ブース出展をしてチームグッズの販売も実施。
閉幕後には、選手が会場に訪れた大勢のファンをお見送り。
選手とファンとが一体となったイベントを象徴するシーンとなった。

会場内ではKINAN Cycling Teamグッズ販売も行われた

イベントの最後は選手全員によるお見送り

※レポートはメディアリリースから

Report, Race Photos, Edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE