Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

KINAN Cycling Team 2021

KINAN Cycling Team 2021年の体制が確定しました!
まず、新加入選手について。
2年ぶりのシーズン当初からの加入選手として、2人をチームに迎えます。

1人目はチームUKYOから、畑中勇介が加わります。
これまでのキャリアではヨーロッパ、アジア、そして日本と、あらゆるシーンで実績を積んできました。
大人数でのスプリントもよし、起伏に富んだタフなレイアウトもよし、コースや展開に合わせたスマートな走りで数々の勝利を挙げてきました。
なんといっても、2017年の全日本選手権ロードレースでの優勝はここまでのキャリアのハイライト。
アジア最高峰のワンデーレース、ジャパンカップ サイクルロードレースでは2010年に3位、翌2011年にも5位と、世界のトップライダーとも対等に渡り合ってきた日本人ライダー有数の経験を、若手からベテランまでそろうチームへと落とし込んでいきます。

畑中勇介 Photo: Satoru KATO

続いて2人目。
来季は、ネオプロ(プロ1年目)の選手も採用することとなりました。
22歳の花田聖誠は、ジュニア時代から各年代の国内トップを走ってきた若き力。
ジュニア時代には、2016年1月に東京・大島で開催されたアジア選手権ロードレースで銅メダルを獲得。
アンダー23カテゴリー昇格後の2019年には、若手の登竜門となっているジャパンカップ オープンレースで優勝を飾るなど、着実な成長曲線を描いてきた選手。
今季までは若手育成チーム「チームユーラシア・IRC Tire」の一員としてベルギーを拠点に活動。
ジュニア時代から得意としてきた上りとスピードを生かした走りは、KINAN Cycling Team加入を機により磨きをかけていくこととなります。

花田聖誠

2020年シーズンからの継続は10選手。
新加入選手を加えた全12選手の内訳は、日本人ライダー9人、スペイン人ライダー2人、フランス人ライダー1人で、平均年齢は29歳。

来シーズンも感染拡大状況や、それにともなう国内外の情勢に則しながらとなりますが、可能な範囲で日本、そして本来の主戦場であるアジアでのレースへ臨む見通しです。

具体的には、これまでと同様にメインスポンサー「株式会社キナン」のお膝元である熊野地域を舞台に開催されるツール・ド・熊野(UCIアジアツアー2.2)での個人総合優勝者の輩出を最大目標としていきます。
ここまで幾度となく“熊野征服”に挑んできましたが、いまだそれが実現に至っていません。
「2021年こそは!」との思いで、長年の悲願に挑戦します。

加えて、2021年シーズンに発足することが発表された新リーグ「ジャパンサイクルリーグ(JCL)」への参戦が決まり、チームとしても勝利を目指すとともに、リーグ、そして自転車界全体の発展につながるよう尽力していきます。
並行して、国際レース出場を通じた選手の強化、国内ロードレースチームによるトラックレース対抗戦「バンクリーグ」への参戦、イベント開催・参加を通じた熊野地域や自転車界への貢献、自転車安全教室の実施、ホストレースである「KINAN AACA CUP」の開催など、多岐にわたって活動をしていきます。
新たな力を加えて動き出すKINAN Cycling Teamの2021年シーズンにも、どうぞご期待ください!
KINAN Cycling Team 2021年シーズン所属選手
【新規加入選手/IN】

畑中 勇介(はたなか ゆうすけ)/Yusuke HATANAKA 国籍:日本
2020年所属チーム:チームUKYO
1985年6月21日生まれ、身長175cm・体重61kg

・主な実績
2017年 全日本選手権ロードレース 優勝
2010年 ジャパンカップ サイクルロードレース 3位
2010・2011・2015年 Jプロツアー個人総合優勝
花田 聖誠(はなだ きよまさ)/Kiyomasa HANADA 国籍:日本
2020年所属チーム:チームユーラシア・IRC Tire
1998年7月31日生まれ、身長169cm・体重56kg

・主な実績
2019年 ジャパンカップ オープンレース 優勝
2019年 全日本選手権ロードレース アンダー23 4位
2016年 アジア選手権ロードレース ジュニア 3位
【継続選手/STAY】

山本 元喜(やまもと げんき)/Genki YAMAMOTO 国籍:日本
1991年11月19日生まれ、身長163cm・体重62kg

・2020年主要リザルト
東日本ロードクラシック 群馬大会 Day-1(Jプロツアー) 優勝
西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1(Jプロツアー) 3位


田中 克尚(たなか かつひさ)/Katsuhisa TANAKA 国籍:日本 ※トラック主
1998年2月18日生まれ、身長167cm・体重65kg

・2020年主要リザルト
西日本トラック ケイリン 9位
全日本トラックチャンピオンシップ 1kmタイムトライアル 14位


マルコス・ガルシア/Marcos GARCIA 国籍:スペイン
1986年12月4日生まれ、身長169cm・体重55kg

・2020年主要リザルト
ヘラルド・サン・ツアー(UCIオセアニアツアー2.1) 個人総合11位


山本 大喜(やまもと まさき)/Masaki YAMAMOTO 国籍:日本
1996年1月8日、身長171cm・体重68kg

・2020年主要リザルト
西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1(Jプロツアー) 優勝
宇都宮ロードレース(Jプロツアー) 7位


サルバドール・グアルディオラ/Salvador GUARDIOLA 国籍:スペイン
1989年7月22日生まれ、身長185cm・体重67kg

・2020年主要リザルト
ヘラルド・サン・ツアー(UCIオセアニアツアー2.1) 第3ステージ12位


福田 真平(ふくだ しんぺい)/Shimpei FUKUDA 国籍:日本 ※競輪並行
1987年11月22日生まれ、身長167cm・体重70kg

・2020年主要リザルト
競輪1着 6回(本リリース配信時点)


トマ・ルバ/Thomas LEBAS 国籍:フランス
1985年12月14日生まれ、身長182cm・体重65kg

・2020年主要リザルト
宇都宮ロードレース(Jプロツアー) 優勝
西日本ロードクラシック 広島大会 Day-2(Jプロツアー) 3位


中島 康晴(なかじま やすはる)/Yasuharu NAKAJIMA 国籍:日本
1984年12月27日生まれ、身長172cm・体重64kg

・2020年主要リザルト
おおいた いこいの道クリテリウム(Jプロツアー) 3位
宇都宮クリテリウム(Jプロツアー) 8位


新城 雄大(あらしろ ゆうだい)/Yudai ARASHIRO 国籍:日本
1995年7月3日生まれ、身長176.5cm・体重65.5kg

・2020年主要リザルト
西日本ロードクラシック 広島大会 Day-1(Jプロツアー) 13位
広島森林公園ロードレース Day-1(Jプロツアー) 17位


荒井 佑太(あらい ゆうた)/Yuta ARAI 国籍:日本 ※トラック並行
1995年7月19日生まれ、身長177cm・体重73kg

・2020年主要リザルト
西日本トラック スクラッチ 優勝
全日本トラックチャンピオンシップ スクラッチ 3位
KINAN Cycling Team 2021年シーズン スタッフ
ゼネラルマネージャー/General Manager
加藤 康則(かとう やすのり)/Yasunori KATO

監督/Sports Director
石田 哲也(いしだ てつや)/Tetsuya ISHIDA

ソワニエ/Soigneur
森川 健一郎(もりかわ けんいちろう)/Ken-ichiro MORIKAWA

ケアラー/Carer
安見 正行(あみ まさゆき)/Masayuki AMI

メカニック/Mechanic
星野 貴大(ほしの たかひろ)/Takahiro HOSHINO

メカニック/Mechanic
横井 利明(よこい としあき)/Toshiaki YOKOI

メディアオフィサー/Media Officer
福光 俊介(ふくみつ しゅんすけ)/Syunsuke FUKUMITSU

アドバイザー/Adviser
鈴木 新史(すずき しんじ)/Shinji SUZUKI

イベントディレクター/Event Director
田中 国大(たなか ともひろ)/Tomohiro TANAKA
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE