Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

ツール・ド・北海道2018 KINAN Cycling Team ロングリスト

ツール・ド・北海道2018に向け、8人の候補選手をセレクト
レースコースを使ってのトレーニングキャンプで最終メンバー選考を行う
9月7〜9日に開催される、ツール・ド・北海道(UCIアジアツアー2.2)に向けて、KINAN Cycling Teamは8人のロングリスト(候補選手)を編成しましたので発表します。
KINAN Cycling Team ツール・ド・北海道2018 ロングリスト
山本元喜
中西健児
マルコス・ガルシア
サルバドール・グアルディオラ
雨乞竜己
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
ツール・ド・北海道は、3月に開催されるツール・ド・とちぎ(UCI2.2)、5月に開催されるツアー・オブ・ジャパン(UCI2.1)、6月に開催されるツール・ド・熊野(UCI2.2)とならび、日本国内で開催される国際自転車競技連合(UCI)公認の国際ステージレースです。
これらを「国内4大ツアー」とし、日本の多くのチーム・選手はシーズンの重要レースとして位置付けています。

今年で32回目を迎える大会は、北海道中央部の大雪山を3日間かけておおよそ1周するルートが採用されました。
9月7日に旭川市で開幕し、9日に同市近郊の当麻町でフィナーレとなる、総距離536kmで争われます。

今回は3ステージともに、大雪山系の険しい山々を通過した後に、フィニッシュめがけてのダウンヒルが待ち受けます。
勝負の観点からはクライマーはもとより、レース終盤のスピード勝負となればスプリント力のある選手にもチャンスがめぐってくる可能性のあるルート設定となりました。
それを受けて、KINAN Cycling Teamはあらゆるレース展開を想定して8選手を候補選手としてセレクトしました。

8選手は、8月27日から9月2日までの日程で、北海道内でのトレーニングキャンプを実施します。
レースコースの試走も行い、各選手のコース適性も見極めながら、大会に臨む5人のメンバーを選考していきます。

昨年の大会ではマルコスが個人総合優勝を果たし、チームに初となる国内4大ツアーのタイトルをもたらしました。
今年もチームとして、個人総合優勝を目指して準備のペースを上げていきます。

なお、キャンプ期間中は各日レポートを掲載する予定です。
どうぞご期待ください。
ツール・ド・北海道公式WEB
http://www.tour-de-hokkaido.or.jp/
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE