Loading...

KINAN CYCLING

NEWSNEWS

Flashback to victory-中島康晴優勝 スリランカ Tカップ2018第1ステージ

過去の名レースをプレイバックする企画「Flashback to victory」。
今回も、現所属メンバーの勝利レースをレビューしていきたいと思います。

第2回は、中島康晴選手が優勝した2018年5月のスリランカ Tカップ第1ステージ。
スリランカから日本へと届けた興奮と感動を蘇らせましょう。
■まえがき

2018年シーズン、KINAN Cycling TeamはUCIアジアツアーのチームランキングで1位を獲得しました。
ただ、決して簡単にランキングトップを得たわけではありません。

この年の初戦であったシャールジャ・ツアーでトマ・ルバ選手が個人総合2位と好スタートを切るも、その後は苦戦を強いられていました。
そんな悪いムードを打ち破ったのが、紛れもなく今回紹介する中島選手優勝のスリランカ Tカップでした。

この時の遠征は、まさに「ザ・アジアツアー」。
開幕前々日の深夜に現地入りし、翌日には開幕地への長距離移動。
慌ただしいまま始まったレースでしたが、「タフな時ほど真価を発揮する」KINAN guysの強さを改めて示した一戦となりました。

ちなみに…これは余談ですが、開幕前日のメディアミーティング後、ホテルへの帰路でエスコートバイクもろとも迷子になり、気が付くと正反対の街にたどり着いていたことは今では良い思い出です(レースと関係のない個人的な話ですみません・笑)。

-メディアオフィサー 福光俊介
中島康晴がスリランカ Tカップ第1ステージで優勝
逃げ切った3人での勝負を制してチームにシーズン初勝利をもたらす
●スリランカ Tカップ(SRI LANKA T-CUP、UCIアジアツアー2.2)
第1ステージ パサイクーダ(Passikudah)~マヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya) 123.9km(2018年5月4日)

●KINAN Cycling Team出場選手
中西健児
雨乞竜己
トマ・ルバ
中島康晴
新城雄大
KINAN Cycling Teamが出場するスリランカ Tカップ(UCIアジアツアー2.2)が5月4日に開幕。
123.9kmで争われた第1ステージは、序盤から逃げ続けた3選手がそのまま優勝争いに転じ、最後は中島康晴が制してステージ優勝。
2018年シーズンのKINAN Cycling Teamに初めての勝利をもたらした。

UCI公認の国際レースとしては初開催となるスリランカ Tカップ。
同国を構成するセイロン島の東海岸から西海岸までを、3日間・327.7kmで結んでいく。
KINAN Cycling Teamはこの大会に向けて中島のほか、中西健児、雨乞竜己、トマ・ルバ、新城雄大の5選手を招集。
各ステージのレース距離が100km前後と短いことから、スピード重視のメンバー編成で同国へと乗り込んだ。

スタート準備を進める

迎えた第1ステージは、パサイクーダ(Passikudah)からマヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya)までの123.9km。
スタートからフィニッシュまでの高低差は約90mと、ほぼ平坦にカテゴライズされるレイアウト。
35度前後の気温の中でのレースとあり、有力チームを中心に絞り込みが進むことを想定。
KINAN勢は確実に前方に位置し、重要な局面を複数のメンバーで対応していくことを意識した。

スタート地点はインド洋を一望できるビュースポット

スタート直後から始まったアタック合戦では、ライバルチームの動きを見ながらチェックを繰り返したKINAN勢。
10km地点を過ぎたところで13人が飛び出すと、そのまま逃げの態勢へ。
KINANからは中島が加わり、レースを先行する。

最大で約4分のリードとした中島らの逃げだが、メイン集団もフィニッシュまで残り50kmを切ったあたりからペースを上げてタイム差を縮めていく。

その最中、逃げグループに変化が生まれたのは残り約40km。
他選手のアタックに中島が反応すると、もう1人を加えてそのままペースアップ。
一緒に逃げてきた他の10人を振り切って先を急いだ。
途中で通過したこの日2回目のスプリントポイントでは、中島が2位通過している。

一度縮まった後続とのタイム差だったが、3人の逃げとなってからは拡大傾向に。
やがて逃げ切りを濃厚とした中島らは、ステージ優勝を賭けての駆け引きへと移ってゆく。
残り10kmを切ってからはフィニッシュまで一直線。
フィニッシュまでの距離を減らしながら、相手の様子をうかがっていく。

ラスト100mで中島康晴が満を持してスプリント開始

3人の形勢に大きな変化はなく、勝負はスプリントへ。
2番手につけ、ライバルの動きを読み切った中島は、万全の態勢になったラスト100mで加速。
労せず先頭に立つと、追う2人を寄せ付けずトップでフィニッシュラインを通過した。

3選手による接戦を制した瞬間

中島にとっては、キャリア通算8勝目(UCIレースのみ)、そしてKINAN Cycling Teamにとってはついにやってきた今シーズン初勝利。
UCIレースでの成績と同時に、日本人選手の強化を目指す過程にあるチームにとって、今後の弾みとなる大きな勝利になったといえそうだ。

フィニッシュを待ち構えた安見マッサーの胸へと飛び込む

途中まで中島らと逃げていた第2グループの10人をはさみ、残るKINAN勢4人が含まれたメイン集団は3分23秒差でフィニッシュ。
レースを終えて中島の勝利を知り、メンバーは喜びを爆発させた。

中島康晴を囲んで記念撮影

これにより中島はリーダージャージを獲得し、第2ステージからは個人総合首位の立場でレースへと臨む。
また同時にスプリント賞でもトップになっている。

5日に行われる第2ステージは、マヒヤンガーナヤからキャンディ(Kandy)までの85.3km。
今大会最短距離でありながら、唯一の山岳ステージ。
中盤に2つのカテゴリー山岳が立て続けに現れるが、2つ目の山頂からフィニッシュまで約37km残されている。
あらゆる展開が想定されるが、リーダーチームとしてこの日を迎えるKINAN Cycling Teamがどうレースを進めるか。
チーム力や各選手の総合力が問われる1日となる。

リーダージャージに袖を通す。結果的に最後までこのジャージを守り抜くことになる

スリランカ Tカップ 第1ステージ結果(123.9km)
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 2時間47分42秒
2 ステファン・アスタフイェフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +0秒
3 平塚吉光(チームUKYO) +4秒
4 チェ・ドンヒョン(韓国、ガピョンサイクリングチーム) +2分19秒
5 モハドシャフルル・マットアミン(マレーシア、トレンガヌサイクリングチーム) +2分29秒
6 吉岡直哉(チームUKYO)
16 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +3分23秒
42 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)  
46 中西健児(KINAN Cycling Team) 
51 新城雄大(KINAN Cycling Team) 


個人総合時間
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 2時間47分30秒
2 ステファン・アスタフイェフ(カザフスタン、ヴィノ・アスタナモータース) +3秒
3 平塚吉光(チームUKYO) +12秒
4 チェ・ドンヒョン(韓国、ガピョンサイクリングチーム) +2分31秒
5 ローガン・グリフィン(ニュージーランド、ネックス・CCNサイクリングチーム) +2分37秒
6 ジュリアン・アマドリ(フランス、チーム フランスディフェンス) +2分39秒
16 雨乞竜己(KINAN Cycling Team) +3分35秒
42 トマ・ルバ(フランス、KINAN Cycling Team)  
46 中西健児(KINAN Cycling Team) 
51 新城雄大(KINAN Cycling Team)


スプリント賞
1 中島康晴(KINAN Cycling Team) 19pts

チーム総合
1 チームUKYO 8時間29分2秒
3 KINAN Cycling Team +50秒
※レースレポートは2018年5月4日付メディアリリースから
※レースレポートの一部に加筆・修正・削除を施しています
Race report, Photos, Re-edit: Syunsuke FUKUMITSU
SHARE THIS:
  • FaceBook
  • Twitter
  • LINE
RELATED RIDERS: